河瀬直美監督「人類の豊かな営みつなぎたい」日本人女性初ユネスコ親善大使

河瀬直美監督「人類の豊かな営みつなぎたい」日本人女性初ユネスコ親善大使

日本人として5人目、また日本人女性で初めてユネスコ親善大使に任命された河瀬直美監督

東京オリンピック公式記録映画の監督を務める、河瀬直美監督(52)が25日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から、日本人として5人目、また日本人女性で初めてユネスコ親善大使に任命された。同監督はこの日、フランス・パリのユネスコ本部でオードレ・アズレ事務局長からユネスコ親善大使任命の委嘱書を授与された。

河瀬監督は「このたび、ユネスコ親善大使に任命されましたことを大変誇りに思います」と感謝した。その上で「この地球上に暮らす、すべての人が唯一無二の存在として、その人生を謳歌(おうか)する権利を有しています。けれどあらゆる『ひずみ』の中で、特に女性の声を含む、小さな声がかき消されてゆく現実も目の当たりにします。これら多様な価値観に光を当て、たしかな命のきらめきに気づかなければならない」などと訴えた。

河瀬監督は、新型コロナウイルスの感染拡大が日本でも進んでいた20年5月、ユネスコが呼びかける世界的なオンラインディベート(討論)シリーズ「レジリアート」を日本で初めて開催。「文化とコロナウイルス〜アートの力を考える〜」と題し、レジリアートの認知、拡大に貢献した。また、15年のカンヌ映画祭ある視点部門でオープニング上映された「あん」など、あらゆる年代の女性の生活に焦点を当てた映画によって、人類への理解を深めるきっかけを提供したことなどが評価された。

河瀬監督は「人類の根源的に豊かな営みを1000年先にも、またそのずっと先にもつないでゆきたい。映画や映像制作を通じて、物語の中に、人類の豊かな未来を創造すべく、親善大使としての任を全うしたいと思います」と抱負を語った。

また、26日には、カタロニア文化の国際的な振興を支援した貢献者に対して、アンドラ政府とラモン・リュイ・ファンデーション1から共同授与される「Ramon Llull Prize」(ラモン・リュイ・プライズ)を日本人女性として初めて受賞し、授賞式に参加する。

さらに、ユネスコ親善大使の活動として、22年夏に再開される文化交流プログラム「Grand Voyage with Africa」では、プログラムアートディレクターとしてアフリカ5カ国から選ばれた若手女性映画作家10名との映画ワークショップを統括する。