ベッキーがフジ系連ドラ出演、母親意識して演技挑む

ベッキーがフジ系連ドラ出演、母親意識して演技挑む

会見に出席し、ふっくらした姿を見せたベッキー(撮影・大野祥一)

タレントのベッキー(35)が3日、都内で、フジテレビ系オトナの土ドラ「悪魔の弁護士 御子柴礼司〜贖罪の奏鳴曲〜」(7日放送開始、土曜午後11時40分)制作発表会に出席した。

同作は作家中山七里氏による弁護士御子柴礼司シリーズの既刊4作をドラマ化したもの。裁判に勝つためであればどんな手でも使う御子柴を要潤が演じる。民放地上波では6年ぶりの連ドラ出演となるベッキーは、御子柴法律事務所の事務員日下部洋子を演じる。

ベッキーは11月上旬、夫で巨人片岡治大(やすゆき)2軍内野守備走塁コーチ(36)との第1子妊娠が分かった。妊娠報道時は同ドラマの撮影中だったが、クランクアップ目前で、妊娠によるドラマ出演への影響はないとしてた。

「私自身は撮影中に(妊娠が)分かったわけではありませんが、この作品を撮るにあたって、とにかく優しい気持ちは反映させていたかなと思います」と、母親になることを意識して撮影に挑んだことを話した。

撮影では子役がベッキーに懐き、クランクアップで泣いた。「私をお母さん、要さんをお父さんと呼んでいて、『あれ、家族物だったっけ』って思っていました」とすでに母親感にあふれるエピソードを披露した。

この日、要潤、津田寛治も登壇。要は「熱く、生きる道しるべ的な作品です。すばらしい原作の元、すばらしいスタッフ、キャストと自信をもって作り上げた作品です」とアピールした。