アンタッチャブル復活漫才「特別な日」ナイナイ感激

アンタッチャブル復活漫才「特別な日」ナイナイ感激

アンタッチャブルの山崎弘也(左)と柴田英嗣

04年M−1王者、アンタッチャブルが8日、フジテレビ系「THE MANZAI」(午後7時)で、実に10年ぶりに新作漫才を披露した。

冒頭から山崎弘也(43)が「ざきやまが〜ザマンザイに〜くる〜」とボケた。柴田英嗣(44)が「マイクより前に立つな」とつっこむ。その後も「神対応に」についてボケまくる山崎に「1回ちょっと待って。10年ぶりのこととか説明したこといいんじゃない?」と柴田が止めるも「ベーコン状態?かりかりしちゃってるんじゃない?」とボケまくった。ベーコンについてボケ続ける山崎に柴田は「全然聞かない!」とあきれ顔。

柴田が「10年間いろいろありまして」と説明すると山崎は「ファンキーでモンキーでベイビー」と柴田に関する不倫ネタをいじった。

「ファンへの神対応」というテーマのネタをするも、柴田が手に負えないほど山崎がボケまくるというかつてのアンタッチャブルらしい漫才をみせた。最後は山崎が柴田へ「私への神対応ありがとうございました」と締めた。

ネタ後、MCのナインティナイン岡村隆史(49)は「何か得した感がありますね」と話し、矢部浩之(48)も「特別な日じゃないですか」と振り返った。

アンタッチャブルは94年に結成。柴田の鋭いツッコミと山崎の際限ないボケでブレーク。04年にNHK「爆笑オンエアバトル」第6回チャンピオン大会、「M−1グランプリ」で優勝した。

その後は、柴田の女性トラブルや体調不良などもあり09年以降は解散はしないがコンビ活動はなく、一部で不仲もうわさされていた。

ただ、柴田がゲストだった先月29日放送のフジテレビ系「全力!脱力タイムズ」に山崎がサプライズ出演して、10年ぶりにコンビで漫才を披露し話題になったばかりだった。