声優・豊田萌絵、『走れ!歌謡曲』50周年記念企画「1DAYスペシャルパーソナリティ」に登場 歌謡曲愛を語り尽くす

声優・豊田萌絵、『走れ!歌謡曲』50周年記念企画「1DAYスペシャルパーソナリティ」に登場 歌謡曲愛を語り尽くす

『走れ!歌謡曲』(文化放送 毎週火〜土曜 午前3時〜5時)50周年記念企画「1DAYスペシャルパーソナリティ」に声優・豊田萌絵登場

文化放送の最長寿ワイド番組『走れ!歌謡曲』(毎週火〜土曜 午前3時〜5時)の50周年記念企画「1DAYスペシャルパーソナリティ」に、第5弾パーソナリティとして声優の豊田萌絵が登場。31日午前3時よりオンエアされる。

 1968年11月19日の初回放送以来、まもなく50周年を迎える同番組。今回の「1DAYスペシャルパーソナリティ」企画は、50周年記念企画の一環で、これを機に、さらに多くの方に番組を知り、聴いてもらいたいという思いから、幅広い層に好感度の高いタレントを起用。1月は磯山さやか、2月は島崎和歌子、3月ははるな愛、4月は中村静香がパーソナリティを務め、今回、記念企画初の声優起用として豊田が登場した。

 2012年に開催された第一回スタイルキューブ声優オーディションに合格し、声優デビューを果たした豊田。その後、声優ユニット「StylipS」と「Pyxis」でメジャーデビュー、現在は文化放送のインターネットラジオ「超A&G+」の番組『Pyxisの夜空の下de Meeting』『豊田萌絵のアイドル畑でつかまえて』にも出演している。23歳という年齢ながら、趣味に昭和歌謡曲鑑賞や麻雀をあげるなどの一面も持ち合わせているという。

 今回行われた収録では、豊田の“歌謡曲愛”が爆発。子供の頃に憧れていた芸能人として舘ひろし、矢沢永吉、松田聖子の3人の名を挙げ、「小学生のときテレビで観た舘ひろしさんに一目惚れして、それで(館さんの所属していた)クールスの曲にもハマって。クールスがキャロルの親衛隊をやっていたことから矢沢永吉さんを知りました。“永ちゃん”の曲を聴いた小学生の私は、涙を流して感動したんです。それから“永ちゃん”が影響を受けたビートルズなどの洋楽も聴くようになりました。好きになったら止まらなくて、その人の全てを知りたいというタイプの“重い女”なんです(笑)」と、熱を込めて語った。

 番組では、豊田がこれまでの自身の歩みを振り返りながら、それぞれの時代を彩った名曲や、山口百恵、尾崎豊、REBECCA、THE MODSなど、思い入れのあるアーティストなどについて2時間たっぷり語っている。エンディングでは豊田の選曲について「『(豊田さんの年代では)選ばない曲』というツッコミもいただいたんですけど(笑)、少しでもみなさんの心に刺さった一曲があったらうれしいなと思います」と振り返った。

関連記事(外部サイト)