平尾昌晃さん三男が会見 遺産トラブルを説明 後妻との和解は「無理」

平尾昌晃さん三男が会見 遺産トラブルを説明 後妻との和解は「無理」

会見を行った平尾勇気 (C)ORICON NewS inc.

昨年7月に死去した作曲家・平尾昌晃さん(享年79)の三男で歌手の平尾勇気(37)が25日、都内で会見を開き、平尾さんの3人目の妻で50代の元チーフマネジャーを相手に法的措置をとった遺産を巡るトラブルについて事情説明した。

 昨年10月、妻が平尾さんの著作権管理会社と音楽出版権管理会社の社長に就任。著作権や音楽出版権の管理をする立場となったが、会社の株主でもある勇気側は、この社長就任を巡り、株主総会と登記変更が行われ、株式を不正に操作された疑いがあるなどとして、東京地裁に「取締役の職務執行停止」などの申し立てを行い、著作権管理会社について、21日に地裁が申し立てを受理した。

 会見にはそのほか、弁護士、公認会計士、勇気が所属する個人事務所代表が出席。神妙な面持ちで姿をみせた勇気は「相続に対し、多くの疑惑を解明するために申し立てを行った」と、強い口調で声明文を読み上げた。

 続けて「この申し立てが無駄であっても、天国の父のため、父の血を受け継いだ兄弟が笑顔で会えることを願っての行動です。やらないで後悔する道より、やって後悔する道を選びました。そんな僕を許してください」。この日は、父・昌晃さんの遺品でもあるネクタイ、ジャケットを身に着け「父は天国にいますけど、そばで見守ってくれていると思う」とも話していた。

 また、2013年11月に平尾さんが弁護士に対して、遺言書の相談をしていたメールの存在を公表。財産分与の配分を相談した内容だといい「遺言書は何らかの理由があり、作成に至らなかった」。現状、遺言書の存在は明らかになっていないが「どこかに遺言があるのではと思っています」と推測し、「謝罪があれば、受け入れるか?」と和解の可能性を問われると「無理です」と否定していた。

関連記事(外部サイト)