ムキムキ美人OL、ボディ大会で日本一に 圧巻のくびれと超絶美筋で会場を魅了

ムキムキ美人OL、ボディ大会で日本一に 圧巻のくびれと超絶美筋で会場を魅了

『第5回オールジャパン・フィットネスビキニ選手権大会』の「35歳以下級163cm超級」4連覇を果たし涙を浮かべる安井選手。撮影/片山よしお (C)oricon ME inc.

日本ボディビル・フィットネス連盟が主催する『第5回オールジャパン・フィットネスビキニ選手権大会』が24日、「北とぴあ」(東京都・北区)で開催され、鍛え抜かれた美ボディ女子126名が集結。きらびやかなビキニをまとい、筋肉美を披露した。

 同大会は、10月にポーランドで行われる『世界フィットネス選手権』の選考大会も兼ねているとあって、フィットネスビキニ界の有名選手が多数参加。多くのファンが駆けつけ、超満員の会場は予選から熱気に包まれた。パフォーマンスは年齢・身長別に6つのクラスに分けて行われ、各クラスの上位5名とオーバーオール(総合優勝)1名が決定する。

 当日、ひと際注目を集めたのが普段はOLとして働く安井友梨さん(34)だ。これまで同大会の「35歳以下級163cm超級」クラスで3連覇を果たしている“絶対王者”で、この日は4連覇をかけた挑戦となった。ステージに登場すると、その超絶美筋ぶりに観客から歓声があがり、ポーズを決めるごとに「王者の貫禄!」「バランス最高!」の声が飛び交った。

 フィットネスビキニでは“脂肪は少なくかつ極端に筋肉質でない”ボディが求められ、程よく引き締まったバランスの良い仕上がりが評価される。また、パフォーマンスの優雅さや女性らしいヘアメイクも審査の対象となる。多くのファンが見守るなかパフォーマンスした安井さんは、大きな肩と驚異のくびれ、丸くあがったヒップをしなやかなポージングで存分にアピール。歓声に投げキッスで応え王者の風格で周囲を圧倒し、4連覇と総合優勝を手にした。

 また、会場では『第23回オールジャパン・ミスフィットネス選手権大会』『第12回オールジャパン・ミスボディフィットネス選手権大会』も同時開催され、ミスフィットネス1位に椎名智香子さん(39)、ミスボディフィットネス総合優勝に金子真紀子さん(39)が選ばれた。

関連記事(外部サイト)