でんぱ組プロデューサー、仕事のコツや新メンバーを選んだ秘話をトーク

でんぱ組プロデューサー、仕事のコツや新メンバーを選んだ秘話をトーク

公開収録を行ったでんぱ組.incとプロデューサーのもふくちゃん(中央)

アイドルグループ・でんぱ組.incが25日、都内でメンバーの古川未鈴と藤咲彩音がパーソナリティを務めるTOKYO FM『でんぱch.●〜TOKYO DEMPA INTERNATIONAL〜』(●はハートマーク、月〜水 後9:15〜9:30)の放送500回記念公開収録に全員で参加した。

 収録開始直前、サプライズで古川と藤咲が前説に登場。「でんぱch.も500回記念でございます!抽選で当たった皆様!お越しいただきありがとうございます!」とあいさつし、一気に会場が盛り上がり、公開収録がスタートした。

 メンバーに続いて、プロデューサーの「もふくちゃん」こと福嶋麻衣子氏が登場。自身の仕事を「肩書きはいろいろあるんですが、メインはアイドル産業に関わる仕事をしています」と紹介し、「どうやったらアイドルプロデューサーになれますか?」と聞かれると、「いろんな人と関わる仕事なので、コミュニケーション能力は大切です」「自分で宣言してしまえば、誰でもできる仕事だけど、続けることが大事」と、自身が仕事をする上で大切にしていることについて話しました。

 アイドルになるためのポイントについても「声が大きいことが大事。自分がやりたいことがあったら声に出してアピールし続けること」と力説。ファンから新メンバーに鹿目凛と根本凪を選んだ理由を尋ねられると、候補がいる中で「並べてしっくりくるか」を重視していたと語り、「おかしな人を入れたら困るじゃないですか」「この子たちは社会人として最低限のことができてますよというお墨付きがあった」秘話を披露した。

 そのほかにも、福島氏は仕事をする上でのモットーなどをトーク。この模様は10月15日午後9時から『放送500回記念〜届け!働きちゃん公開収録SP〜』で放送される。

関連記事(外部サイト)