桐谷美玲『NEWS ZERO』卒業 キャスターとして6年半、様々なテーマを自ら取材

桐谷美玲、『NEWS ZERO』のキャスターを卒業 高梨沙羅選手からメッセージも

記事まとめ

  • 桐谷美玲が25日、『NEWS ZERO』番組最後にキャスターを卒業することを発表
  • 桐谷はスキージャンプの高梨沙羅選手から応援のメッセージを贈られた
  • 桐谷は2012年4月から同番組に出演し、今年7月に俳優の三浦翔平との結婚を発表していた

桐谷美玲『NEWS ZERO』卒業 キャスターとして6年半、様々なテーマを自ら取材

桐谷美玲『NEWS ZERO』卒業 キャスターとして6年半、様々なテーマを自ら取材

『NEWS ZERO』卒業を発表した桐谷美玲(C)ORICON NewS inc.

女優の桐谷美玲(28)が25日、火曜キャスターを務める日本テレビ系『NEWS ZERO』に生出演し、エンディングでこの日をもって番組を卒業することを発表した。

 桐谷はこの日、自身のコーナーで「LGBTと家族」をテーマに、日本文学研究者で先月に同性愛者であることを公表したロバート・キャンベル氏や、子育てに悩むLGBT団体を自ら取材したVTRを紹介。LGBTの家族のあり方について「対社会ではできないことが多い。社会が変わっていかなくてはいけない」と考えを述べた。

 番組エンディングで桐谷の卒業が発表されると、サプライズでスキージャンプの高梨沙羅選手からのメッセージを紹介。「人に影響を与えられるような選手になりたいと思ったことも、桐谷さんにお会いして初めて感じたこと。次のスタートに向けて私は応援するしかできないですが、しっかり応援しますので頑張ってください」とエールが送られた。

 桐谷は高梨選手に感謝し、「毎週のように取材現場に行って素晴らしい刺激を受けましたし、たくさんのことを教えていただきました。私にとって財産となりました」とこれまでの6年半を回想。「若い世代とニュースの架け橋になれればと思って始めて、この6年半で少しでもその役割を担えていたらうれしいです」とあいさつした。最後に「6年半ありがとうございました」と頭を下げると、スタジオに大きな拍手がおこった。

 桐谷は2012年4月から同番組に出演し、さまざまなテーマに自ら取材へ取り組んできた。今年7月には「俳優の三浦翔平さんと結婚しました。これからは2人で支え合いながら、変わらず仕事も頑張っていきますので、引き続きよろしくお願いいたします」と報告した。

関連記事(外部サイト)