Kalafinaメンバー・Wakana、初の単独ライブツアースタート 28日には地元・福岡での公演も

Kalafinaメンバー・Wakana、初の単独ライブツアースタート 28日には地元・福岡での公演も

Wakana初の単独ライブツアー『Wakana Live Tour 2018 〜時を越えて〜』の初日公演(24日、東京・六本木 EX THEATER ROPPONGI)

Kalafinaのメンバー・Wakanaの、初の単独ライブツアー『Wakana Live Tour 2018 〜時を越えて〜』の初日公演が24日、東京・六本木のEX THEATER ROPPONGIで開幕した。

 Wakanaの故郷である福岡を含む、東京・福岡・名古屋・大阪をめぐる全国4都市のライブツアーはチケット完売が相継ぎ、追加公演も決定するほどの盛況を見せている。同ツアーは松任谷由実などのライブを手掛ける武部聡志によるプロデュース。Kalafinaハーモニーやオリジナル楽曲など全18曲を披露した。

 ライブを終えたWakanaは、「今日から私にとってはじめての単独ツアーが始まったわけですが、やっぱり初日は一番緊張もしますし、皆さんがどういう反応をしてくれるのか心配もありました。音楽を届けるというのは、すごく楽しいことで、私自身も、今までよりもより一層、音を感じられるライブになりました。追加公演も決まって、あと4公演残っているので、それに合わせてどんどん変わっていくのかなと思っています」と語った。

 28日金曜日には、Wakanaの出身地である福岡公演が行われる。「地元に戻れるのは違った気持ちですね。地元は皆さんが応援してくれるので本当に心強い。ファンの皆さんに楽しんでいただければ嬉しいです」「今までも音楽を届けてきましたけど、今度は自分の描く世界を織り交ぜて、Wakanaというシンガーがどうなっていくか期待していただき、見守っていただきたいなと思っています」と意気込みを語った。

 これからのツアーに向けて「自分自身は、ずっと歌い続けていきたいなという思いがあって。今回のツアータイトルに“時を越えて”という言葉を入れました。皆さんに満足していただきたいですし、これからのわたしに期待してもらえたら」とメッセージを送った。

 『Wakana Live Tour 2018 〜時を越えて〜』は28日・福岡:ももちパレス、10月2日・名古屋:芸術創造センター、10月14日・大阪:IMPホール、そして追加公演として10月17日・東京:マイナビBLITZ赤坂へと続いて行く。

関連記事(外部サイト)