三遊亭円楽、初期の肺がん公表 前向きに「根治を目指して治療」

三遊亭円楽、初期の肺がん公表 前向きに「根治を目指して治療」

三遊亭円楽 (C)ORICON NewS inc.

落語家の三遊亭円楽(68)の所属事務所は28日、公式サイトを通じて円楽が初期の肺がんであることを発表。あわせて、治療期間に開催予定(10月4日〜10月11日)の公演はすべて休演し、主治医の判断により手術治療を行うという。

 サイトでは「公演を楽しみにお待ちくださっているお客様、また関係者の皆様には、多大なるご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。円楽は前向きであることを伝え「根治を目指して治療し、皆様の元へは退院後すぐ帰ってまいります。これまでと変わらず、毎日お仕事をさせていただきます」とした。

 続けて「著名な方のがんについてのニュース等を目にすることが多い昨今、まさに他人事ではないということを、円楽本人も、事務所関係者も、身に染みて感じました。主治医の先生とともに、円楽のこれからの落語人生を、弊社一丸となってバックアップしてまいります」と誓い「どうか、皆様も、日ごろからご自身の体について関心を持ち、チェックを怠らないようにしていただきたく存じます。健康に長生きしましょう!」と呼びかけている。

 円楽は、青山学院大学在学中、師匠・五代目三遊亭圓楽の目に留まり、落語の世界に誘われ、前座修行をしながら同大学を卒業。入門時から将来を嘱望され、1977年には、弱冠27歳にして『笑点』(日本テレビ)の大喜利レギュラーメンバーに抜てき。現在では、そのキャラクターは大喜利に欠かすことのできない存在となっている。

関連記事(外部サイト)