和牛・水田、100万円かけたゲームで痛恨の凡ミス 川西は優しく「怒るとかはない」

和牛・水田、100万円かけたゲームで痛恨の凡ミス 川西は優しく「怒るとかはない」

吉本興業のモバイルゲーム向け新サービス『mspo』発表会見に参加した和牛(左から)水田信二、川西賢志郎 (C)ORICON NewS inc.

お笑いコンビの和牛が28日、都内で吉本興業のモバイルゲーム向け新サービス『mspo』発表会見に参加。100万円相当のポイントがかかった勝負で初歩的なミスを犯した水田信二は「相方の顔が見れない」とこぼしたが、川西賢志郎は「怒るとかはない」と優しい顔をした。

 吉本興業がサイバーエージェント、ガンホーと組み、mspo株式会社を設立。同サービスはモバイルゲームで遊び、ポイントをためるとギフト券などの商品がもらえるというもの。きょう28日からスタートする。

会見には同サービスに対応する大人気アプリ「どうぶつタワーバトル」開発者のYuta Yabuzaki氏も参加。カルト的な人気になった同アプリについてYabuzaki氏は「うれしいですね。みなさんから、すごく言われるので」とにっこり。開発の経緯については「動物がもともと好き。一時期、何を積んだら面白いのか考えていて、動物はいろんなかたちがあると思ったので」と明かしていた。

 そして会見では和牛と麒麟、パンサー、横澤夏子が参加して、どうぶつタワーバトルで「mspo-1グランプリ」略して“m-1グランプリ”が行われた。賞品として100万円分の商品券に交換できるポイントが与えられると知ると、芸人たちは色めき立った。和牛は横澤と対戦したが、先攻だった水田が凡ミスで失敗。「これはやり直しましょう! みんなのために」と必死に再戦を懇願し、実現した。しかし、ここでも水田が失敗し、リベンジならず。相方の失態にも川西は「これでよかったよ」と泰然自若としていた。

 囲み取材で水田は「僕のせいで負けた。相方の顔が見れない」と告白すると、川西は「怒るとかはない。楽しいゲームですから。怒ってしまってはダメ」と優しい表情に。ただ、目立とうとしてミスする姿に「水田から尾形に改名しようか」とパンサーの尾形貴弘を重ね、笑いを誘っていた。また、“m-1”での敗戦が年末のM-1グランプリへの暗示ではと水を向けられると水田は「M-1で勝てるようにm-1で負けた」と強がっていた。

 なおm-1グランプリは田村裕が「めっちゃ助かる」と意気込み、川島明も「100万は、まぁまぁデカい」とボケを忘れて真剣に取り組んだ麒麟が優勝。田村は「マジでうれしい! ホンマに今月、給料も少なくて…。嫁の喜ぶ顔が目に浮かびます」と本気のガッツポーズで、川島もわずか5分足らずで100万円相当の商品券をゲットし「人生で、こんな不労所得は初めて」と大喜び。ただ、川島は「賞品のせいで、裏でギスギスしてました」と苦笑いで明かしていた。

関連記事(外部サイト)