子役・新井美羽からの「大好き!」の告白に、山下健二郎もデレデレ『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』の公開記念舞台挨拶

子役・新井美羽からの「大好き!」の告白に、山下健二郎もデレデレ『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』の公開記念舞台挨拶

『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』公開記念舞台挨拶に登壇した(左から)山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹(C)Deview

『HiGH&LOW』シリーズの最新スピンオフ映画、『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』の公開記念舞台挨拶が、29日に都内にて行われ、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹らキャスト15名と平沼紀久監督が登壇した。

 映画、ドラマ、音楽、コミック、ライブ、テーマパークなど、様々なメディア展開で熱烈ブームを巻き起こしている総合エンタテインメントプロジェクト『HiGH&LOW』。本作は、山王連合会のダン(山下健二郎)・テッツ(佐藤寛太)・チハル(佐藤大樹)の3人(通称:DTC)を主人公に据え、心機一転“アクションなし”の友情・愛情・人情たっぷりの純情旅が繰り広げられる。

 この日の舞台挨拶には、山下、寛太、大樹、平沼監督のほか、八木将康、天野浩成、笛木優子、新井美羽、廣瀬智紀、西川俊介、西村一輝、水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴、立木文彦が出席。

 映画が公開された今の気持ちを聞かれると、山下は「ラジオドラマからはじまり、ノリ(平沼)さんがずっと脚本を書いてくださっていて、そこからドラマにもなって。『いつか映画やりたいですね』とずっと言っていた」と振り返り、「それが言霊となって、こうして映画になったので、僕ら3人としても心から嬉しい」とコメント。本作では、DTCの愛らしいキャラクターが凝縮されているが、山下は「一番可愛かったのは、美羽ちゃん。たまらんですわ〜。久しぶりに会ったらすごい可愛い!」と、共演した子役の新井にメロメロな様子。

 そんな新井から、本作の見どころの一つ、歌って踊るシーンについて「踊りがカッコ良かった」と誉められると、「ありがとう!」「もっと言って!!」とデレデレになる山下・寛太・大樹の3人。さらに「勉強教えたもんね」(大樹)、「一緒に遊んだもんね」(寛太)とそれぞれ新井にアピールする中、寛太から「誰が一番好きって聞いたら、誰だったんだっけ?」と尋ねられると、新井は「う〜ん……ダン」と照れながら回答。山下は「何か買ってあげる!!」と新井の肩を抱き寄せ、喜びを噛み締めた。

 また新井は撮影を振り返り、「勉強をチハルに教えてもらっていたら、ダンとテッツが邪魔してきた。テッツとは一緒にゲームをしたんだけど、ぜんぜん勝てなくて、コツをいっぱい教えてもらって。お話もいっぱいしてくれて、みんな面白かった」とニッコリ。

 さらに舞台挨拶では、新井が山下に宛てて書いた手紙を読み上げるサプライズも。新井は「ダンはどんなときも笑顔で、いつも優しくてカッコ良くてとっても楽しかったです。ミュージカルのシーンのダンスもとってもカッコ良かったです。今度、私にもダンスを教えてください」と話し、「山下さんは私の憧れです。健二郎、また遊んでね。大好き!!」とラブコール。手紙を受け取った山下は「ありがとう。大事にします。いや、危なかった〜。泣きそうだった。本当に感動しました」と感想を述べ、「二人(寛太・大樹)が子供扱いするから嫌だって言ってたもんね。僕はずっと対等の立場で接していたので、心が通じ合った」と誇らしげな表情を見せていた。
 
 最後に山下は、「本当に魂込めて撮影も頑張りましたし、自信を持ってお届けできる映画になりました」と語り、「何回観ても面白い、毎回新たな発見がある映画だと思います。ぜひ劇場に足を運んでいただいて、いろんな方に楽しんでもらえたら」とアピールした。

 なお、オーディションサイト『Deview/デビュー』では、ダン役の山下健二郎のインタビューを掲載中(下記リンク参照)。映画化に至るまでの経緯や本作への想い、撮影エピソード、俳優業への思いなどをたっぷりと語っている。

関連記事(外部サイト)