ラストアイドル、2期生正式メンバー決定

ラストアイドル、2期生正式メンバー決定

ラストアイドル2期生正式メンバーとなった12人 (C)ORICON NewS inc.

“究極のアイドルグループ”誕生に向け、毎週メンバー入れ替えバトルが繰り広げられているテレビ朝日系オーディション番組『ラストアイドル』(毎週土曜 深0:10〜 ※一部地域を除く)の2期生正式メンバーが29日深夜放送分で決定。収録後に取材会も行われ、メンバーは喜びを語った。

 デビューを決めたのは橋本桃呼(はしもと・ももこ=15)、水野舞菜(みずの・まな=17)、田中佑奈(たなか・ゆな=13)、篠田萌(しのだ・もえ=17)、佐佐木一心(ささき・こころ=14)、山本琉愛(やまもと・るな=14)、町田穂花(まちだ・ほのか=15)、延命杏咲実(えんめい・あさみ=14)、大場結女(おおば・ゆめ=17)、畑美紗起(はた・みさき=22)、下間花梨(しもま・かりん=17)、栗田麻央(くりた・まお=15)の12人。13歳から22歳のメンバーで“究極のアイドル”を目指していく。

 立ち位置1番の橋本は「今はうれしさと不安が入り混じっているのですが、これからの期待に胸を弾ませています」と喜んだ。デビューシングルのタイトルにかけ、自身の武器について問われると「自分で言うのは恥ずかしいんですけど、『スタイルがいい』と言われるので、スタイルが自分の“武器”だと言いたい…です」とはにかみながら口にした。尊敬するアイドルは嗣永桃子さん。「プロ意識が高く、自分の目標に向かって努力している姿を、とても尊敬しています。人を幸せにできるアイドルになりたいと思っています!」と約束していた。

 2番の水野は「今の気持ちは…正直びっくりしています。バトルでは4回指名されましたが、自分でもなぜ勝てたのかわかりません。“運”に感謝したいです。これから誰よりも頑張らなきゃいけないのは私なので、誰よりも努力してセンターに似合う人になれるよう、頑張ります」と飛躍を誓った。そして「まだ武器はない」としつつ「これから作っていけたらいいなと思います」と話した。乃木坂46の白石麻衣が憧れの存在という。「乃木坂46の皆さんは人気を獲得するまでたくさん努力してきたし、白石さんはそのエースとして今、とても頑張っていると思います。私もそんなキラキラ輝く女性になりたいと思っています」と意気込んだ。

 『3rdシーズン』では3月に暫定メンバーオーディションを実施。すぐさま挑戦者を迎えての非情なパフォーマンス対決がスタートし、毎週行われる入れ替えバトルに伴い、さまざまなドラマが生まれた。水野は4回、山本は3回も指名されながら、そのポジションを守り抜いた。一方で、篠田、延命は1度も指名されなかったため、練習を積んできたパフォーマンスを披露する場がないまま、正式メンバーに決定。さらに15日放送分では、暫定メンバーから辞退者が出るという緊急事態も発生し、敗者復活戦が行われるという大波乱も起きていた。2期生のデビューシングル「愛しか武器がない」は12月5日にリリースされる。

■メンバーコメント
【立ち位置3番・田中佑奈】
 今の気持ちは、ただただうれしいだけです。これからもっともっと歌もダンスも上手になって、1期生さんみたいになれるよう頑張ります。キラキラ輝くグループにしたいですね。このグループの中では最年少なので、言いづらいのですが、“若さ”が自分の武器かな、と思っています。

【立ち位置4番・篠田萌】
 これまでバトルで入れ替わってしまったメンバーもたくさんいて、頑張ってきた姿をずっと見てきたので心苦しい気持ちもありますが、その子たちの分も背負って頑張っていきたいと思っています。ダンスも歌もまだまだ足りない部分もあるけど、みんなで協力してこれからたくさん練習してレベルアップしていきたい!

 私は昨年11月に“芸能界に入る!”と決意して、普通科の全日制高校から通信制に転籍し、この『ラストアイドル』に応募しました。やる気は誰よりもあると思います。6歳から習っているダンスも私の“武器”なので、ぜひ注目して見てもらえたらうれしいです。私は立ち位置が前の方なので狙われやすいかなと思っていたのですが、1回も挑戦者に指名されませんでした。“顔”が怖かったのかな…(笑)。自分としてはパフォーマンスを見てほしいという気持ちが大きく、対戦ができなかったのは残念なのですが、これからのパフォーマンスを見ていただけるとうれしいです!

【立ち位置5番・佐佐木一心】
 フツーの中学生の私が、デビューできることにすごく驚いています。この12人で、もっともっと上を目指していきたいなと思っています。『ラストアイドル』のファンの皆さんを笑顔にできるようなアイドルになりたいと思っています。

【立ち位置6番・山本琉愛】
 今の気持ちは…素直にうれしいです! この場に自分が残っていることに、すごくビックリしています。私もまだ自分に“武器”がないと思っているので、これから見つけていきたいなと思っています。表情豊かにパフォーマンスできるアイドルになりたいです!

【立ち位置7番・町田穂花】
 すごくうれしいです。これから、『ラストアイドル』2期生として頑張っていきたいです。初めて私たちを見た方にも「スゴイ!」「応援したい!」と思ってもらえるようなアイドルになりたいと思っています。私の“武器”は、ツインテールの髪型かな。また、よく「パフォーマンス中の表情がコロコロ変わるね」と言われるので、自分では“パフォーマンス中の表情”が武器なのかなって思っています。

【立ち位置8番・延命杏咲実】
 篠田萌ちゃんと同じく、1回もバトルをせずにこの場にいることについて、申し訳ないなと思うときもあるのですが、もうメンバーに決まったので、歌とダンスをしっかり仕上げてみんなにスゴイなと思われるようなパフィーマンスができるよう頑張りたいです!

 指名されなかったのは、『大!天才てれびくん』(NHK Eテレ)に出演していたという経歴と、“延命”という、生き残りにふさわしい名字だったからかな(笑)。あとは、“絶対に立ち位置8番にいるぞ!”という私の意志がにじみ出ていたからかなと思っています!

 私は、歌もダンスもできないしスタイルもいいわけじゃなくて、ダメダメなところがたくさんあるのですが、人を楽しませることが好き。もっとトークスキルを磨いて自分の“武器”にして、バラエティーで活躍できるといいなと思っています。

【立ち位置9番・大場結女】
 私はアイドル経験もなく、この『ラストアイドル』が初めてのアイドルオーディションでした。今、ここにいるのが信じられないですが、この“立ち位置9番”でしっかりパフォーマンスをしていけるよう努力していきたいと思っています。

 画面越しでもパフォーマンスから気迫が伝わるようなグループになれたらいいなと思っています。私は食べることが大好きで、友だちにも「幸せそうに食べるね」とよく言われるので、私の“武器”は“幸せそうに食べる”ことかなと思います!

【立ち位置10番・畑美紗起】

 私はずっとアイドルになるのが夢でしたが、本当に叶えることができるとは思っていなかったので、今、ものすごくビックリしています。初期の暫定メンバーからここに立たせていただいて、仲間が入れ替わっていく姿をずっと見てきたからこそ、彼女たちの分も初心を忘れずこれからも頑張っていきたいと思っています。また、最年長なのでグループを引っ張って、1期生に続くことができるよう頑張っていきたい!

 私の目標は、見ている方を幸せに笑顔になるようなパフィーマンスをすること! グループ全体で、東京ドーム公演ができたらいいな。

【立ち位置11番・下間花梨】
 私はずっとアイドルに憧れていて、『ラストアイドル』で初めてオーディションを受けました。私の“武器”は、この“アイドルを思う気持ち”です。“理想のアイドル像”にはまだ私自身、近づいていないなと実感しているので、もっともっと自分の理想を目指していきたいと思います。そして「下間は端っこでも輝いているね」と言われるような存在になりたいと思っています。一人ひとりの個性、一人ひとりの武器をもっともっと出せるようなグループにしたいですし、これからもっともっと上を目指して12人全員で一体となって頑張っていきたい。

【立ち位置12番・栗田麻央】
 私は挑戦者から暫定メンバーになり、正式メンバーになりました。暫定メンバーになってからは1度もバトルをしなかったのですが、その間もパフォーマンスは練習していて、その成果を見せることができなかったのはすごくショックでした。でも、練習を積んできたことは絶対に次に繋がると思っているので、これからもみんなで一緒に頑張っていきたいです。そして、応援してくれるみなさんの想像を遥かに超えられるアイドルグループになりたいなと思っています。私の“武器”は、笑顔とパフォーマンス中の表情。あと、“歌がうまい”とよくほめられるので、それも武器だと思って頑張っていきます!

関連記事(外部サイト)