樹木希林さん、入院中「裕也さんに会いたい」 本木雅弘が明かした最期の日々

東京・港区の光林寺で樹木希林さんの葬儀 長女・内田也哉子の夫・本木雅弘が取材対応

記事まとめ

  • 15日に亡くなった樹木希林さんの葬儀が30日に東京・港区の光林寺でしめやかに営まれた
  • 長女・内田也哉子の夫・本木雅弘が取材に応じ、「まだ生きているような気分」と話した
  • 樹木さんは入院中、毎晩看護師に「(夫の)内田裕也さんに会いたい」と口にしていたそう

樹木希林さん、入院中「裕也さんに会いたい」 本木雅弘が明かした最期の日々

樹木希林さん、入院中「裕也さんに会いたい」 本木雅弘が明かした最期の日々

樹木希林さん告別式前、取材に応じた本木雅弘 (C)ORICON NewS inc.

今月15日に亡くなった女優・樹木希林さん(享年75=本名・内田啓子さん)の葬儀が30日に東京・港区の光林寺でしめやかに営まれる。式前には、長女・内田也哉子(42)の夫で俳優・本木雅弘(52)が取材に応じた。

 雨模様のなか、報道陣の前に姿をみせた本木は「まだ家族としては落ち着いて振り返る余裕がない状態ですが…」と漏らしながらも、各報道を受けて「私たちが知らなかったエピソードもありました。まだ生きているような気分です」と穏やかな表情で語った。

 最期の日々については「春のうちに余命宣告を受け、私たち家族もそれに向き合っていきました」といい、「樹木さんは『自然に朽ちていきたい』と。とにかく“終幕”に向かって『普通でいてくれ』と言われました」と告白。本木らが子どもたちとの「思い出作り」を計画しても「夏休みは返上しないでいい。私を理由にスケジュールを変えないで」と姿勢を崩さなかったという。

 その後も、後ろに飾られた遺影を前に、樹木さんの秘話を明かした。今年8月に左大腿骨を骨折し、入院した際には、毎晩看護師に「(夫の内田)裕也さんに会いたい」と口にしていたという。

 樹木さんの戒名は「希鏡啓心大姉」。希は樹木希林という芸名とまれなという意味を含む。鏡は生前、樹木さんが常々、話していた「人の心を映し出す鏡」という俳優としての心得を意味し、啓は本名の啓子から取られた。祭壇は胡蝶蘭、菊、かすみ草など1200本の花で飾られた。喪主は、夫でロックミュージシャンの内田裕也(78)が務めた。

 喪主を務める夫でロックミュージシャンの内田裕也(78)も午前9時ごろ、関係者に囲まれ車いすで会場入り。関係者は「悲しんでいました」と様子を語った。

関連記事(外部サイト)