永瀬匡、『仮面ライダージオウ』に友情出演 2号ライダーの魂を伝授

テレビ朝日系『仮面ライダージオウ』に永瀬匡が出演 2012年に『ウィザード』に出演

記事まとめ

  • テレビ朝日系で放送中の特撮ドラマ『仮面ライダージオウ』に永瀬匡が出演する
  • 永瀬は『仮面ライダーウィザード』で“古の魔法使い”仮面ライダービーストを演じた
  • 『仮面ライダービルド』や『仮面ライダー555(ファイズ)』主要キャラクターも登場した

永瀬匡、『仮面ライダージオウ』に友情出演 2号ライダーの魂を伝授

永瀬匡、『仮面ライダージオウ』に友情出演 2号ライダーの魂を伝授

テレビ朝日系『仮面ライダージオウ』『仮面ライダーウィザード』(2012年)で“古の魔法使い”仮面ライダービースト/仁藤攻介を演じた永瀬匡(左)が友情出演(C)2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

テレビ朝日系で放送中の特撮ドラマ『仮面ライダージオウ』(毎週日曜 前9:00〜9:30)の「EP07」(10月14日放送)、「EP08」(10月21日放送)に、『仮面ライダーウィザード』(2012年)で“古の魔法使い”仮面ライダービースト/仁藤攻介を演じた永瀬匡が、その仁藤役で出演する。タイムジャッカーによって誕生したアナザーウィザードと戦うゲイツ(押田岳)をうかがう「謎の男」として登場。仮面ライダービーストからゲイツへ、2号ライダーの魂を伝授する。

 「平成仮面ライダーシリーズ」の記念すべき20作品目にして最終作となる『仮面ライダージオウ』。時空を駆け巡る“タイムトラベルライダー”として、第1話と第2話では、『仮面ライダービルド』の時代、2017年で桐生戦兎(犬飼貴丈)、万丈龍我(赤楚衛二)と出会い、ビルドの力を得てアナザービルドと戦った。

 第3話と第4話では、2016年の『仮面ライダーエグゼイド』の時代へ。ここでも宝生永夢(飯島寛騎)、鏡飛彩(瀬戸利樹)という2人の平成仮面ライダーと共演。第5話と第6話には、『仮面ライダー555(ファイズ)』の乾巧(半田健人)、草加雅人(村上幸平)と、シリーズの主要キャラクターの登場が話題となっている。

 第7話と第8話では、『仮面ライダーウィザード』の時代へ。魔法使いの仮面ライダーとして活躍したウィザードにちなみ、まるで魔法のような奇術を使うマジシャンを巡るストーリーが展開する。アナザーウィザードを追うゲイツを、仁藤はなぜつけまわすのか? ゲイツの敵なのか、味方なのか? 仁藤のミステリアスな行動がストーリーを盛り上げる。

 仁藤といえばテント暮らし、人の話を最後まで聞かずに発する名せりふ「みなまで言うな」、そしてマヨネーズが大好きなマヨラーと『ウィザード』では個性的な魅力を放っていたが、そんな“名シーン”が今回も再現されるのか注目される。

関連記事(外部サイト)