内田裕也、妻・樹木希林さんに最後の別れ ファンの“ロックンロール”に見送られ会場後に

内田裕也、妻・樹木希林さんに最後の別れ ファンの“ロックンロール”に見送られ会場後に

樹木希林さん告別式、喪主を務めた内田裕也 (C)ORICON NewS inc.

今月15日に亡くなった女優・樹木希林さん(享年75=本名・内田啓子さん)の告別式が30日に東京・港区の光林寺でしめやかに営まれた。夫でロックミュージシャンの内田裕也(78)が喪主を務め、樹木さんに最後の別れを告げた。

 告別式には長女でエッセイスト・女優の内田也哉子(42)、也哉子の夫で俳優・本木雅弘(52)、多くの著名人が参列。喪主を務めた内田は車いすで姿を見せた。関係者に支えられ、着席。体調を考慮して内田の代理であいさつをした也哉子の話に静かに耳を傾けた。

 その後、樹木さんに最後の別れを告げると入り口とは別ルートを通り、迎えの車に。熱心なファンからら「裕也さん、ロックンロール!」と元気づけるような声をかけられていた。

 樹木さんの戒名は「希鏡啓心大姉」。希は樹木希林という芸名とまれなという意味を含む。鏡は生前、樹木さんが常々、話していた「人の心を映し出す鏡」という俳優としての心得を意味し、啓は本名の啓子から取られた。祭壇は胡蝶蘭、菊、かすみ草など1200本の花で飾られた。

 死因も明かされた。関係者は「乳がんが原因のがんの全身転移」と説明。また、遺影は雑誌の撮影で撮られた近影という。返礼状は2016年に宝島社の広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」で使われた絵が描かれた。英国の画家であるジョン・エヴァレット・ミレイの『オフィーリア』をモチーフにした作品でキャッチコピーと共に大きな話題となり、同年の『読売広告大賞』のグランプリを獲得し絵で、裏には署名と「皆さまのご厚情に 深く深く感謝申し上げます」という一文が添えられていた。

■主な参列者(順不同)
 橋爪功、吉永小百合、浅田美代子、岸部一徳、岸本加世子、安藤サクラ、内田伽羅、UTA、田中麗奈、萬田久子、松岡茉優、YOU、内山理名、布川敏和、黒木華、松田美由紀、松村邦洋、松本明子、永瀬正敏、安住紳一郎アナウンサー、中居正広、竹中直人、笑福亭鶴瓶、山本未来、緒形直人、ラモス瑠偉、安藤和津、崔洋一監督、リリーフランキー、北大路欣也、薬丸裕英、鶴田真由

関連記事(外部サイト)