稲垣・草なぎ・香取、ワーナーとの“新たな取り組み”に期待 「ジョインさせていただき光栄」

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がイベントで「ワーナーミュージック・グループ」に言及

記事まとめ

  • 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が『パラアスリートスペシャルトーク』イベントに出席
  • 3人は「ワーナーミュージック・グループ」との“新たな取り組み”に言及した
  • 香取は「ファンの皆さんの気持ちはつたわってます」とコメントした

稲垣・草なぎ・香取、ワーナーとの“新たな取り組み”に期待 「ジョインさせていただき光栄」

稲垣・草なぎ・香取、ワーナーとの“新たな取り組み”に期待 「ジョインさせていただき光栄」

(左から)草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾=『NSTまつり2018』

俳優の稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾が29日、新潟・万代シティ特設ステージで行われた『日本財団パラリンピックサポートセンターpresents稲垣吾郎・草g剛・香取慎吾×パラアスリートスペシャルトーク』イベントに出席。イベント後の囲み取材では、27日に香取のインスタグラム投稿で話題を呼んだ大手レコード会社「ワーナーミュージック・グループ」との“新たな取り組み”に3人が言及した。

 香取は27日、インスタグラムで写真とともに「We Join Warner Music Group family!!」とコメントを投稿。新たなプロジェクトを示唆し、ファンの間でも話題を呼んでいた。

 この日、ワーナーとのタッグに関し具体的な計画などは語られなかったが、記者の質問に対し3人からは「音楽だけでなくいろいろなことでジョインさせていただき、何よりファンの方々からすごく反響があってうれしいです」(稲垣)、「ジョインさせていただくこととても光栄です。新しい地図を描いていけたら」(草なぎ)、「ファンの皆さんの気持ちはつたわってます」(香取)と、今後への期待が高まるコメントが発せられた。

 同イベントはNST新潟総合テレビの開局50周年を記念した『NSTまつり2018』の一環として行われたもの。2020年の東京パラリンピックまであと2年と迫るなか、3人で車いすバスケットボール、パラ・パワーリフティング、ボッチャなど、さまざまなパラスポーツに挑戦し、楽しさを伝えた。

 最後にはパラスポーツ応援ソング「雨あがりのステップ」を3人でパフォーマンス。稲垣は「今日は皆さんと最高の思い出をつくることができました。2020年、パラアスリートの皆さまの魅力を伝えていきたいと思います」、草なぎは「2020年は遠いものと思っていましたけれど本当は近いなと思いました。パラスポーツのすばらしさを広められてうれしいです」、香取は「もう2年しかないとも言えますがまだ2年もある!もっとパラスポーツに興味を持っていただけるようパラリンピックの応援をしたいと思います」とそれぞれに充実の表情で語っていた。

関連記事(外部サイト)