【西郷どん】鈴木亮平、江戸無血開城の見どころを語る

【西郷どん】鈴木亮平、江戸無血開城の見どころを語る

大河ドラマ『西郷どん』第37回「江戸無血開城」より。薩摩藩邸で勝海舟(遠藤憲一)と会談する西郷吉之助(鈴木亮平) (C)NHK

NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。30日放送の第37回「江戸無血開城」は、サブタイトルのとおり、新政府軍の前線を指揮していた西郷隆盛(吉之助)が、幕府の代表者・勝海舟と会談し、翌日に予定されていた江戸城総攻撃を中止した――歴史的エピソード「江戸無血開城」が描かれる。

 大河ドラマ『西郷どん』で西郷吉之助(鈴木亮平)は、天璋院篤姫(北川景子)、勝海舟(遠藤憲一)、そして徳川慶喜(松田翔太)の順に、3人と会談。三者三様の言葉を受けて、「総攻撃中止」を決断するまでの過程が見どころとなっている。鈴木が、3人と対峙したときのことを次のように振り返った。

 「天璋院篤姫さまとは、昔の姿を思い出して、ご立派になられたな、お美しくなられたな、と感じましたし、天璋院さまが『徳川の名にかけて戦う』とおっしゃられた時には、時は流れたんだな、としみじみ思いました。『自ら自決する覚悟』を見せられて、この人を死なせたくない、だから江戸城から逃げてほしいという気持ちがある一方で、鳥羽伏見の戦いからすでに多くの死者を出して江戸城総攻撃にまで至っていることを思うと、ここで感情に流されてはいけない、心を鬼にしなければ、という葛藤がありました。

 天祥院さまが懇願しても、それを突っぱね、総攻撃は決行する、としていた吉之助が、なぜ勝さんと話して、中止を決断したのか。吉之助にとって勝さんは、島津斉彬公の代わりに見えたんだな、と思いました。『幕府を見限れ』と言った勝さんのことばを、吉之助は『幕府を倒せ』と受け取って、ここまで突き進んできたけど、勝さんが涙を浮かべて『やりすぎだ』と言ってきた。自分がやっていることは正しいのか、勝さんとの会談の前に幕臣の山岡鉄舟(藤本隆宏)にも、天璋院さまにも、勝さんにも言われて、ついにグラっとなったんだと思いました。

 島編以降、僕、自身が西郷吉之助として心に留めていることがありまして、それは吉之助はいつも天と会話している、ということ。ちょいちょいせりふにもあるんですが、自分にはやるべきことがある、天に動かされている、すなわち天命があると考えていて、幕府を倒すことも天命だと思ってやってきた。しかし、信頼し、尊敬している山岡、天璋院、勝の3人が(江戸城総攻撃を)やめろ、やめろ、やめろ、と言ってくるってことは、天に背いているんじゃないかって思い始めるんです。

 勝さんのすごいところが、『慶喜公に会ってみろ』と言うところ。一対一で向き合うのが吉之助のスタイルだったのに、それをやっていないことに気づくんです。いざ会ってみると、昔から何も変わっていない、ヒー様がいて、そういえば、最初から『将軍になりたくない』って言ってたよな、僕らがその気にさせてしまったのに、申し訳ないな、って気持ちが湧いてきたのは自分の中でも驚きでした。

 慶喜公と会談するシーンの本番『この牛男』ということばが浮かんだので、付け足しさせてもらいました。それを言った瞬間の翔太くんの表情も一気にかわって、その慶喜公を見て、僕も心が震えました。いいシーンになったなと思います」。

■放送休止について
 30日(日)午後8時から総合テレビで放送を予定していた『西郷どん』第37回「江戸無血開城」は台風24号により放送休止となりました。振替放送日は、番組公式ツイッターなどで後日案内がある。同日午後6時からのBSプレミアムでは通常どおり放送された。

関連記事(外部サイト)