SUPER☆GiRLS・浅川梨奈、来年1月に卒業 カバー飾る『ヤンマガ』で発表

SUPER☆GiRLSの浅川梨奈が来年1月に卒業 『週刊ヤングマガジン』第44号で発表

記事まとめ

  • SUPER☆GiRLSの浅川梨奈が来年1月に卒業すると『週刊ヤングマガジン』第44号で発表
  • 浅川は“1000年に一度の童顔巨乳”のキャッチフレーズで人気を集める
  • 同号の巻末グラビアはTikTokで話題のハーフ姉妹・エリカとマリナ

SUPER☆GiRLS・浅川梨奈、来年1月に卒業 カバー飾る『ヤンマガ』で発表

SUPER☆GiRLS・浅川梨奈、来年1月に卒業 カバー飾る『ヤンマガ』で発表

SUPER☆GiRLSからの卒業を発表した浅川梨奈(C)Takeo.Dec /ヤングマガジン

“1000年に一度の童顔巨乳”のキャッチフレーズで人気を集めるアイドルグループ・SUPER☆GiRLS浅川梨奈(19)が、グループから卒業することが明らかになった。表紙を飾った10月1日発売『週刊ヤングマガジン』第44号(講談社)で発表された。芸能活動は今後も続けていく。

 浅川は2014年2月にグループに加入。15年6月にグラビアデビューを果たすと、愛らしいルックスと迫力満点のセクシーボディで一気にブレイクし、2016年度の『カバーガール大賞』の「コミック部門」の女王の座をゲット。グラビア界を引っ張るエース的存在として活躍しながら、女優やCMなど活動の幅も広げている。

 『ヤンマガ』で卒業発表した浅川は「来年は20歳になるので、今までなかった役柄に挑戦していきたい」「一人のタレントとして、女優として結果を残すことを一番に考えながら頑張りたい」と今後に向けた意欲を語っている。

 浅川は来年1月11日開催予定の卒業ライブをもって、グループから卒業する。

 また、同号の巻末グラビアには中高生に人気の動画SNS「TikTok」で注目される現役女子高生のハーフ姉妹・エリカ(18)とマリナ(16)が登場。巻頭カラー漫画は『彼岸島 48日後…』(松本光司)。

関連記事(外部サイト)