EXILE USA&TETSUYA、ウォーキングの魅力発信に一役 人気キャラとのコラボも披露

EXILE USA&TETSUYA、ウォーキングの魅力発信に一役 人気キャラとのコラボも披露

「FUN+WALK PROJECT」キックオフイベントに出席した(左から)オカザえもん、TETSUYA、USA、鈴木大地スポーツ庁長官 (C)ORICON NewS inc.

EXILEのUSA、TETSUYAが1日、スポーツ庁が推進する「FUN+WALK PROJECT」のアンバサダーに就任し、都内で行われたキックオフイベントに出席。歩くことをもっと楽しく、健康的なものに変えていく同プロジェクトの魅力発信を期待されての抜てきとなったが、TETSUYAは「歩くことも踊ることも僕らにとって同じだなと思っているので、その楽しさを多くの方に伝えられるように頑張りたいです」と意気込んだ。

 同プロジェクトでは、普段の生活から気軽に取り入れることができる運動として「歩く」に注目して、そこに「楽しい」を組み合わせることで、歩くことをもっと楽しく、楽しいことをもっと健康的なものに変えていくことを目的にスタート。10月の1ヶ月間を「FUN+WALK月間」とし、キャンペーンポスターによる普及啓発などを行っていく。

 イベントにはそのほか、スポーツ庁長官の鈴木大地氏、愛知県岡崎市のキャラクター・オカザえもんが出席。USAとTETSUYAとオカザえもんが、EXILEの楽曲「Choo Choo TRAIN」に乗せて、音楽体感型ウォーク「Dance Earth Walk」を披露して会場を沸かせた。

 鈴木長官は、USAとTETSUYAの発信力に注目し「こういった若い世代の人たちが広めていってくれることで、全国にいきわたるような感じがしています」とにっこり。USAは「歩くことが大好きで、これまで日本中、世界中、歩いて踊ってきました。楽しく歩くことがとても大切だと思うので、自分自身も楽しみながら広めていきたいです」と呼びかけていた。

関連記事(外部サイト)