吉沢亮&新木優子、幼少期の激カワ写真と当時の甘い恋エピソードを披露

吉沢亮&新木優子、幼少期の激カワ写真と当時の甘い恋エピソードを披露

映画『あのコの、トリコ。』日本中のハート?を“トリコ”イベントに出席した吉沢亮(右)と新木優子(左)

俳優・吉沢亮と女優・新木優子が、1日に都内で行われた、映画『あのコの、トリコ。』公開直前特別イベントに出席。結婚式さながらの華やかな純白の衣装で登場し、約120名の観客を魅了した。

 原作は、『Sho-Comi』(小学館)にて連載され、既刊5巻のコミックスは累計発行部数100万部を突破(電子ダウンロードを含む)している人気少女マンガ『あのコの、トリコ。』。主人公の冴えないメガネ男子・頼(吉沢亮)大好きな"あのコ"雫(新木優子)のために変わっていく様と、頼・雫・昴(杉野遥亮)の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるシンデレラ・ラブストーリーを描く。

 ハートで埋め尽くされた会場に集まった約120名の観客は、この日のために用意された『あのコの、トリコ。』特別映像を鑑賞。応援上映さながらの歓声や「可愛い!」と頼のダメダメっぷりにメロメロの様子。そして、映像が終了し、会場が暗転した瞬間、後方の階段にスポットライトが照らされ、吉沢と新木の姿がカーテン越しにシルエットで写し出されると、悲鳴にも似た黄色い歓声が会場中に響き渡る。

 純白の華やかな衣装に身を包んだ吉沢と新木が登場すると会場のボルテージも急上昇。吉沢が新木の手を取りエスコートしながら階段を降り、観客の間のハートをかたどったピンクカーペットを歩いて壇上へと上がった。

 吉沢が集まった観客に向けて「本編を25分だけ見せちゃうって斬新! みなさんのトリコ熱高まったよね?」と問いかけると、会場からは「イェーイ!!」と熱いレスポンスが。それを受けてにっこり満足そうな表情を浮かべた吉沢は、続けて「もっともっと皆さんをトリコにするイベントにしたいです!」とコメント。新木も「台風で天気が心配でしたが晴れて良かったです。素敵なイベントにしましょう!」と雫さながらの元気いっぱいに挨拶。

 地味男子を演じた感想について、吉沢は「すごくやりやすかったです。ダサさの加減を工夫しながら仕草や髪型を工夫した」と役作りのエピソードを明かすと、すかさず新木は吉沢に「ふとした時に、何もしなくてもキラキラが出ちゃう」とツッコミを入れる。すると、はにかみながら「やっぱり?出ちゃう?」とおどける吉沢のキュートさに会場は悶絶。

 新木は雫を演じる中で、緊張した瞬間について"水族館でのデートシーン"を挙げ「イルカのショーで水がかかる? かからない?というドキドキした」と述べ、「リアルな緊張感がスクリーンに出ているかな?」と見所をアピール。

 そして本作のタイトルにちなんだ“トリコトーク”で大盛り上がり。まずはお互いのトリコになった部分について語る。吉沢は新木二対して「オンオフがなくて、本当に雫に近い。天真爛漫だし、一緒にいて居心地が良いんです」と明かし、「見た目と中身のギャップにトリコになった。一見クールそうなのに中身は少女で、誰にでもフレンドリー」と絶賛。一方の新木は、吉沢について「トリコな部分、ありすぎる」と述べ、「庶民的な部分。見かけの美しさからトイレにもいかなさそうだけど普通で良かった」と赤裸々に明かすと、吉沢は照れ笑いを浮かべていた。

 また、"自分がトリコになる異性のタイプ"について話題が及ぶと、吉沢は「僕単純なんで、あざとい女性とかを好きになってしまうんです。女子が嫌いそうな(笑)。目を見て笑って話してくれたりとかしたらすぐ好きになっちゃう」という意外な告白に、会場は「え〜!?」と驚きの声に包まれる。対する新木は、“香りフェチ”であること明かし、「普段から柔軟剤の香りがするような清潔感のある人に惹かれる」という告白には会場からも共感の声が挙がっていた。

 さらに、イベントでは、"初めて誰かのトリコになった幼少期の思い出"を振り返る際に、二人の幼少期の写真が公開された。吉沢はおどけながら「可愛い〜」と自画自賛。小学生、幼稚園時代の今の面影を残す愛くるしい写真に、会場からも「可愛すぎ!」と称賛の声が。

 そして幼少期の恋のエピソードについて、吉沢はバレンタイン、新木は卒園式での甘い思い出を振り返る。吉沢は「チョコをあげるから家に来てと言われ、ボクのこと好き?と聞いたら、うん。返事が返ってきた!」というおませなエピソードを披露すると、新木は同い年の男のコにプレゼントを渡し、お返しを貰って両思いになったという純粋な可愛らしいエピソードを披露。「爽やかなスポーツマンタイプで日焼けしていたな〜」と懐かしそうに当時を振り返っていた。

 最後に、新木は「恋と夢を追いかける三人のきらきらした姿を観に、是非劇場へ!」とアピールし、吉沢も「キュンキュンさはもちろん、三人がそれぞれの夢を追いかける姿も是非注目してほしいです。世界中の……あ、言い過ぎた(笑)。日本中の人を"トリコ"にできるといいな、と思っています。是非劇場へ来てください!」と呼びかけた。

 映画『あのコの、トリコ。』は、10月5日(金)より全国ロードショー。なお、オーディションサイト『Deview/デビュー』では、主人公・頼を演じた吉沢亮のインタビューを近日公開予定。

関連記事(外部サイト)