南海放送開局65年記念、「愛媛の民話」をテレビドラマ化

南海放送開局65年記念『民話DEドラマ』放送 「愛媛の民話」をテレビドラマ化

記事まとめ

  • 1953年10月1日にラジオ局としてスタートした南海放送は、開局65年を迎える
  • 南海放送は愛媛の「民話」を5分枠のテレビドラマで紹介する『民話DEドラマ』を放送
  • 岩城一平氏が脚本・演出を担当し、愛媛の民話の数々をもとに全12 話のドラマを描く

南海放送開局65年記念、「愛媛の民話」をテレビドラマ化

南海放送開局65年記念、「愛媛の民話」をテレビドラマ化

開局65年記念番組『民話DEドラマ』10月3日スタート。写真は第2話より(C)南海放送

1953年10月1日にラジオ局としてスタートした南海放送(テレビは1958年〜、本社:愛媛県松山市)では、開局65年を記念して、愛媛で語り続けられてきた「民話」を5分枠のテレビドラマで紹介するシリーズ『民話DEドラマ』(毎週水曜 後8:54〜※編成の都合により変更あり)を10月3日よりテレビ放送する。

 民話は故郷の歴史や風土を楽しく理解できるものであり、デジタル全盛の今だからこそ、「愛媛の民話を次世代に伝えていくことは地元メディアとして大切な役割」として、高いエンターテインメント性をもったドラマにすることで、家族そろって視聴できる番組づくりを目指したという。

 時に愉快で、時に不思議で、時に怖い…愛媛の民話の数々をベースにしたオリジナルドラマを全12 話放送していく。脚本・演出を担当する岩城一平氏は、なぜ、今、民話をドラマ化するのか、次のようにコメントしている。

 「私はよく図書館に行きます。すると意外にも、いや当たり前なのか子どももけっこう居ます。見るとなるほど、児童文学のコーナーが充実しています。今っぽい画のタッチの表紙や挿絵がとてもカラフル、子どもも楽しそうです。が、民話・昔話のコーナーはなんだかいつも寂しげです。見るとなるほど、昭和に作られたものがほとんどで、歴史的文献の感があります。今の子どもはちょっと好奇心をひかれないのかもしれません。

 でもそれは民話がつまらないということではないですよね。よく知られているあの民話、逆に知られざる民話、それらの民話はいつ誰が作った物語なのでしょう? いや本当はフィクションじゃなくて実話なのかも? そういった物語を何百年も、話によっては千年以上も語り継いできた名もなき数多のご先祖様たち。きっと語り継いでいるうちに、時代も変わり人も変わり、伝言ゲームのようにお話も少しずつ変わってきたのではないかと思います。ならば今、テレビドラマにしてもいいじゃないか! いろんな民話資料を読んできましたが、どの本にもだいたい、本を作った人の同じような思いがあとがきに書かれています。それを要約すると以下のようになります。

 地域に伝わる民話を知っている人がどんどんお亡くなりになっていく中で、そういった民話をちゃんと残しておくことは、歴史伝統文化を残すことと同じでとても大事なことである、と。そうか。だからそういった本が昭和に作られたんだ。まだ明治・大正生まれの人がたくさんいた時代に。では今、名もなきご先祖様たちのバトンの一つを私が受け取ってみよう。平成が終わるこの年にこんなふうに思うなんて、とても運命的。と、勝手に考え、テレビでショートドラマにしよう!というわけです。とにかく楽しく、楽しさ一番のドラマになるようにしました。短いテレビドラマですので、どうぞお気軽にご堪能ください」(脚本・監督 岩城一平)。

■『民話DEドラマ』放送予定

【第一話:竜神様の引っ越し】10月3日放送予定
美しい竜神様の引っ越しを手伝ったはずの漁師だが…(八幡浜市舌間地方の民話)

【第二話:秋の一番漁】10月10日放送予定
お殿様に献上する一番魚を争ったケンカへのお裁きは…(八幡浜市向灘地方の民話)

【第三話:歯長城の殿様】10月17日放送予定
歯長城の殿様に仕掛けられた奇想天外な策略とは…(宇和島市三間町地方の民話)

【第四話:ヌエになった母】10月24日放送予定
源氏再興のため源頼政は化け物を退治するが…(久万高原町地方の民話)

【第五話:茶、栗、柿】10月31日放送予定
間の抜けた男になんとか仕事をさせようとする母だが…(四国中央市伊予三島地方の民話)

【第六話:背中の鬼女】11月7日放送予定
急ぎの用で川を渡ろうとした大森彦七が見たのは夢か幻か…(伊予郡砥部町地方の民話)

【第七話:天狗の小箱】11月14日放送予定
天狗にもらった不思議な小箱、絶対に開けるなと言われたが…(松山市溝辺町地方の民話)

【第八話:仏様の御膳】11月21日放送予定
仏様にお供えした食べ物には不思議な力が宿るものなのか…(宇和島市保手地方の民話)

【第九話:深山のサトリ】11月28日放送予定
人間の心を読み取る恐ろしい化け物、それがサトリ…(松山市北条地方の民話)

【第十話:二人の奥方】12月5日放送予定
ある日とつぜん、殿の奥方が二人になっちゃった…(松山市道後地方の民話)

【第十一話:飴を買う女】12月12日放送予定
毎日一文銭で飴を一本だけ買いに来るあやしい女の正体は…(今治市旭町地方の民話)

【第十二話:カサモリ様】12月19日放送予定
カサモリ様への願掛けで盲目の住職が目が見えるようになったが…(松山市朝日ヶ丘地方の民話)
※放送順および内容は現時点のもの。

関連記事(外部サイト)