梨花、『otona MUSE』連載で新ブランド「M」を独占先行公開

梨花、『otona MUSE』連載で新ブランド「M」を独占先行公開

新ブランド「M」のファーストコレクションをまとった梨花=『otona MUSE』11月号より

モデルの梨花が、専属モデルを務める女性ファッション『otona MUSE』11月号(宝島社)の表紙に登場。連載ページでは、自身のブランド「MAISON DE REEFUR」のオリジナルライン「M」のリニューアルについて独占公開した。

 毎月テーマを変えて今の梨花を伝えていく連載「RINKA’S STYLE NOTE」で、今回は自らが「M」をまとったスタイルを披露。インタビューでは「Mは日常を気持ちよく生きたい、そんな思いを込めて作ったブランド。そこに必要なものは、そんなに多くはないんだよね」と語っている。

 ブランドのコンセプトを強く打ち出すことはせず、手に取ってもらった瞬間から、どう着るかはその人次第、制限なく自由に楽しんでほしい。「M」のファーストコレクションを自然体で着こなしている梨花の姿から、そんな思いが伝わってくる。

関連記事(外部サイト)