高校生から現役看護師まで、浅草発の着物カルチャーを世界に発信 「ミス浴衣ジェニック」初の写真集『ROMANTIC SLEEVES』を発売

高校生から現役看護師まで、浅草発の着物カルチャーを世界に発信 「ミス浴衣ジェニック」初の写真集『ROMANTIC SLEEVES』を発売

ミス浴衣ジェニックの高校生・山口 愛悠伽。

浴衣をはじめ着物の魅力を発信する「ミス浴衣ジェニック」が、初のデジタル写真集『ROMANTIC SLEEVES』を1日に発売した。

 モデルは2020年に実施されたオーディションで選出された7人のミス浴衣ジェニック。撮影は少女写真家として人気を博す飯田エリカ、スタイリングは創業97年の老舗着物店のレンタル着物ショップ「浅草さわだ屋」4代目店主の遠藤あみ氏によるもの。トラディショナルからリボンや小物をあしらった可愛らしいスタイリングまで、浅草を舞台に独自の世界観で着物の魅力に迫る写真集となっている。

 ミス浴衣ジェニックは、2020年の夏、コロナ禍で花火大会やお祭りが相次いで中止となるなか、「浴衣の出番がない!でも可愛く着飾った夏の思い出を残したい」との想いに応えるべく、浴衣による動画投稿やライブ配信などのオンラインイベントを実施。mysta、ミクチャの人気投票によりタレント、モデル、アイドル、大学生、高校生、現役看護師など多彩な顔ぶれの7名のミス浴衣ジェニックと、2名の特別審査員賞受賞者が選出された。

 今後、写真集のリリースを皮切りに、浴衣をはじめとする着物の魅力を幅広く発信。着物に関わるブランドや店舗他、着物のモデルをメディアやイベントで起用したい様々な業種の企業とのコラボレーションを幅広く募っていく。本作のスピンアウト編として、特別審査員賞の2名を取り上げたミニデジタル写真集のリリースも予定している。

■ミス浴衣ジェニック プロフィール

●愛宮里奈(えのみや・りな)
顔と声のギャップがチャームポイントの、笑顔を絶やさず明るく元気な現役看護師。看護師をしながらも愛されるモデルとなる事を目標に、撮影会モデルやmysta他、様々なフィールドで活動中。

●小沢礼奈(おざわ・れいな)
「ミスユニバースジャパン2019」のファイナリスト、「京都コレクション」へ出場など、モデルとして活動。幼少から英語に親しんで育ち、今後の目標は日本と海外の架橋となって活躍する事。

●長谷瑞紀(はせ・みずき)
ロースクールで学生をしながらフリーでモデル活動。2019年の「MODECON OPA in 京都」ではグランプリ獲得し、河原町オーパ公式モデル等として活躍。目標は色んな経験を通じた自分だからこそ言える言葉で人を救うことのできる弁護士。

●陽菜菜々羽(はるな・ななは)
普段は女優として活動し、様々な舞台や映像作品に出演。過去に「ミスヤングチャンピオン2018」グランプリなど受賞歴も。浴衣や着物が好きで、2019年には浅草の愛和服のイメージガールも務め、活動の場を広めるためにミス浴衣ジェニックに応募。

●萬代唯花(ばんだい・ゆいか)
浴衣から振袖まで、着付けを自分で行うなど和装をこよなく愛し、また日本の和の心や女性美を磨くため日本舞踊を学ぶ。「沢山の方に日本文化を伝えていきたい」との想いからミス浴衣ジェニックに参加。モデルや「向日葵プリンセス」メンバー他、多岐に渡り活動中。

●みく
高校3年生。浴衣や着物が好きで、ミス浴衣ジェニックではミクチャ配信でグランプリを獲得し、雑誌「ヤングチャンピオン」に掲載。和装モデルをしながら、将来はアナウンサーになるのが夢。

●山口愛悠伽 (やまぐち・あゆか)
高校3年生。AKB48の柏木由紀さんが特別審査員を務めた「いちご×アイドル」のアイコンを選出する初代「ミスいちごIDOL」に選出。同時に全国のいちごのPRを行う「ミスいちご2021」のメンバーにも選ばれた。福岡を中心にソロアイドル、モデル、ミスいちごとして活動している。

■ミス浴衣ジェニック 特別審査員賞受賞者 プロフィール

※ミニデジタル写真集リリースを予定
●長岐詩織(ながき・しおり)
アイドルグループ「faily☆elements」のメンバーの他、アパレルブランド「soyme」のスタッフやモデルとしても活動中。

●はてなちゃん
雑誌「フォトテクニック デジタル」(玄光社)3月号にインタビュー記事掲載など、ポートレートモデルとして幅広く活動中。

関連記事(外部サイト)