新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン・アンバサダーに決定 サステナブルな素材のアイテムをナチュラルに着こなす

新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン・アンバサダーに決定 サステナブルな素材のアイテムをナチュラルに着こなす

H&M新キャンペーン『LET'S CHANGE』のアンバサダーに決定した新垣結衣。

女優・新垣結衣が、4月27日よりゴールデンウィーク中に展開されるH&M新キャンペーン『LET'S CHANGE』のアンバサダーに決定。その新キャンペーンのビジュアルが解禁された。

 H&Mの新キャンペーン『LET'S CHANGE』は、世界が直面しているニューノーマルな時代に向けて、新たな変化に対する「強い意志」や「目覚め」がテーマ。新垣が空を見上げるようなイメージカットには、「上を向いていこう!」というポジティブな気持ちが込められている。

 新垣は「新しいことに向かっていく何かのきっかけになるかもしれないと思うと、楽しいことが起こりそうだなと思いましたし、今回のアンバサダーになれるのは、自分自身にとってとても有意義なものだなと思いました。」と、『LET'S CHANGE』のテーマに共感。新垣が出演するキャンペーン動画とメイキング動画も近日中に公開となる。

 なお今回のコレクションには、世界に前向きな変化を起こす一助となるべく「サステナブル」を一つのキーワードに掲げる。H&Mでは2030年までに、使用するすべての素材をリサイクルまたはサステナブルに調達されたものへと切り替えることを目標とし、現在65%達成している。

 今回のコレクションにおいても、100%オーガニックコットンのカーディガンや、生産時の環境への負荷を軽減した、よりサステナブルなレーヨンで作られたトップスやワンピースなど、環境に配慮したサステナブルな素材をほとんどのアイテムにて起用している。

 今季注目のアースカラーを基調に、新しい日常を自然体で前向きに楽しめるような季節感のあるラインナップが登場。これらのアイテムは、ゴールデンウィーク期間中の4月27日より、全国のH&M店舗と公式オンラインストア(hm.com)で発売を開始。

関連記事(外部サイト)

×