K-1王者・武尊、“アナザースカイ”故郷・鳥取米子へ 母校訪問や“原点”空手道場巡る

K-1王者・武尊、“アナザースカイ”故郷・鳥取米子へ 母校訪問や“原点”空手道場巡る

29日放送『アナザースカイ』に出演する武尊 (C)日本テレビ

K-1王者の武尊が、29日放送の日本テレビ系『アナザースカイ』(毎週木曜 深0:59※関東ローカル)に出演。自身にとっての“アナザースカイ”である、出身地・鳥取県米子市へと向かう。母校や、キックボクシングを始めたきっかけとなったジム、そして格闘技を始めた空手道場を巡りながら、武尊が王者になるまでの過程を見ることができる30分となっている。

 鳥取県は、別名「星取県」と称されるほど、星空観光スポットで、青春時代の思い出を鮮明に思い出す場所が海岸だった。夜の星空を見に、布団を持参したこともあるという。今でも中学の友人とは交流があるという武尊が、卒業以来14年ぶりに母校を訪れ、親友とともに校舎内を見学することに。

 学び舎内には、校内には武尊のポスターが飾られていた。そして、ここで初めて、一学年下の後輩に人気バンドのメンバーがいると知ることに。当時こだわっていた髪型の話、文化祭でやったバンド、卒業式のボタンなど、青春時代の思い出話は尽きることはなかった。

 そんな少年が、キックボクシングを始めたのは16歳の時。当時通っていたジムにも訪問。開口一番、「K-1に出たい」と豪語していたそう。当時はまだサークル活動程度だったものの、武尊の熱意によって、ジムの方々もキックボクシングを勉強・研究し、教えてくれた。このジムで、「殴り合う楽しさ」を教わったという。「楽しむことで、いいパフォーマンスができる」それを教わったのがこのジムだった。

 武尊にとって殴り合いは「仲のいい友達と話している」感覚だという。殴り合いが噛み合うと、心が通じ合っているような感覚になり、自然と笑顔になる、試合中の笑顔はここからきているのだという。地元には応援してくれる人がたくさんいる。そんな武尊が格闘技を始めた原点、空手の道場へ。K-1では現在の所属ジムを背負っているが、原点であるこの空手道場をも背負って戦っている。自分が負ければ、この空手道場の、先生の空手に泥を塗ってしまう、勝ち続けなければならない…そんな強い想いが明かされる。

関連記事(外部サイト)

×