町田啓太、ホークス「タカガールデー」の始球式 104キロ直球に「100点投球ができた」

町田啓太、ホークス「タカガールデー」の始球式 104キロ直球に「100点投球ができた」

福岡ソフトバンクホークス『タカガールデー』に登場した町田啓太 (C)SoftBank HAWKS

劇団EXILEの町田啓太が8日、福岡・PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクホークス対西武ライオンズの試合で始球式に登板した。

 この日は、2014年から開始された「タカガールデー」。ピンク色の特別ユニフォームを着用して登場した町田は外角に104キロの直球を投げ込んだ。投げ終えると「とても緊張しましたが、それ以上に楽しむことができました」と球団を通じ感想。投球については「100点投球ができたと思います。とても気持ちよかったです」としみじみ振り返り「好ゲームを期待しています」とホークスにメッセージを送っていた。

 「タカガールデー」では、毎年オリジナルのタカガールユニフォームを女性入場者全員へ配布していたが、昨季からより多くのファンが“普段とはひと味違う”非日常のエンターテインメントを楽しむため、入場者全員にタカガールユニフォームを配布。今季は、さらにキッズサイズ(初登場)や、女子中高生限定タカガールユニフォームも登場するなど、イベントの規模をスケールアップさせた。

関連記事(外部サイト)

×