西島秀俊主演『シェフは名探偵』 mihoro*がED曲を担当

西島秀俊主演『シェフは名探偵』 mihoro*がED曲を担当

エンディングテーマを担当するmihoro*

俳優の西島秀俊が主演を務める、テレビ東京系ドラマプレミア23枠の新連続ドラマ『シェフは名探偵』(31日スタート 毎週月曜 後11:06)。エンディングテーマ「ミヤコワスレ」をシンガー・ソングライターのmihoro*(ミホロ)が担当することが決定した。

 今作で主演の西島は、小さなフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」のシェフ・三舟忍を演じる。冷静沈着そして穏やか、一見何を考えているかわからない。でも実はすぐにお節介を焼いてしまうシェフの三舟が、人並み外れた洞察力と推理力で、訪れた客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎を解くグルメミステリードラマを展開していく。

 mihoro*は、昨年10月に初の全国流通盤となるミニ・アルバム『Re:』をリリースし、2月に行なわれた無観客配信ワンマンライブでメジャー活動開始を発表。2021年の飛躍が確実視されているシンガー・ソングライターの一人。今作のために書き下ろされた新曲「ミヤコワスレ」は、初回放送日となる31日から配信される。

■mihoro*のコメント

Q.エンディングテーマに決定した時の感想は?
「うれしいというよりもびっくりの方が大きくて『えええまじですか?』ぐらいの反応しかできなかったのを覚えています。年始でゴロゴロくつろいでる時期に、zoom打合せで聞いて、そのタイミングで2021年のスイッチが確実にオンになりました」

Q.楽曲の注目ポイントは?
「『シェフは名探偵』の台本と近藤史恵さんの原作を読み、今まで作ってこなかった“応援”や“励まし”ができるような曲を作ろうとまず思いました。ビストロ・パ・マルに来るお客様の様な日々、頑張ってる方や悩みを抱えてる方、そしてそんな方を包み寄り添える三舟シェフの様な方、どちらの立場でも当てはまる、日々に寄り添える曲になったかと思います。

センチメンタルになってしまう時は誰しもあると思います。そんな日でもちゃんと自分を持ち、あしたからも強く生きていく自分を今日だけは褒めてあげよう、そう思える私なりの“応援ソング”です。そしてレストラン感のあるスパイスも少しあり、ドラマを見た上で改めて歌詞を見ながら聴いてもらいたいです!」

Q.意気込みをお願いします
「初めてのタイアップに気合も十分で、普段なら気にならない細かいところまで何度も直し作りました。無事曲が完成し、今は初回放送が楽しみで仕方がないです! エンドロールで流れてくるのを見てはじめて知ってくださる方にはmihoro*にしっかりと染まってもらいたいし、普段から応援してくださってる方とは一緒に『おーー!』となりたいです…!笑」

Q.視聴者へメッセージをお願いします
「ドラマの一部になれたこととてもうれしく思っています。mihoro*の曲がドラマを見る方に寄り添い、包み込めればと願っています。皆さんと一緒にドキドキしながら初回放送を待ちます! 最終回までよろしくお願いします」

関連記事(外部サイト)

×