MBS豊崎由里絵アナ、『明石家電視台』5年で卒業 涙の告白も「4年半、さんまさんが怖かった」

MBSの豊崎由里絵アナが産休のため『痛快!明石家電視台』を卒業 後任は辻沙穂里アナ

記事まとめ

  • MBSの豊崎由里絵アナが5年間アシスタントを務めた『痛快!明石家電視台』を卒業する
  • 豊崎アナは番組内で「5年のうち4年半くらい、さんまさんが怖くて、怖くて…」と告白
  • この告白に間寛平、村上ショージ、次長課長ら明石家メンバーも驚いたとのこと

MBS豊崎由里絵アナ、『明石家電視台』5年で卒業 涙の告白も「4年半、さんまさんが怖かった」

MBS豊崎由里絵アナ、『明石家電視台』5年で卒業 涙の告白も「4年半、さんまさんが怖かった」

MBSの豊崎由里絵アナウンサーが『痛快!明石家電視台』を涙の卒業(C)MBS

MBSの豊崎由里絵アナウンサー(30)が産休に入るため、5年間アシスタントを務めたバラエティー番組『痛快!明石家電視台』(毎週月曜 後11:56)を11月5日の放送をもって卒業。後任として新人の辻沙穂里アナウンサー(24)がアシスタントを務めることがわかった。

 10月29日、11月5日放送では「実際どうなん!? MBSアナウンサー」と題し、MBSアナウンサー17人が大集合。その最後に豊崎アナの卒業が発表され、後任として辻アナが紹介されると、さんまは「あいさつを面白おかしく」とさっそくプレッシャー。「こんにちは」としゃべり出すと、「『こんにちは』は、おかしい!」と早速さんまにツッコまれてしまう。

 一方の豊崎アナは、「5年間ありがとうございました。今でこそ、さんまさんにやさしくしてもらって…」と話し始めたものの、次第に目がうるみ、「5年のうち4年半くらい、さんまさんが怖くて、怖くて…」と涙をこぼしながら告白。さんまは「何やねん! 4年半も!?」とあ然。間寛平村上ショージ、次長課長ら明石家メンバーもびっくり。寛平が「(さんまが)いまだに怖いです」とつぶやくと、爆笑に包まれた。

 さんまから花束を渡されて笑顔が戻った豊崎アナだったが、記憶力のいいさんまが「いっしょにロケでバブルサッカーをした時に、決定機を外したよな」と数年前のミスを持ち出して、ダメ出し。せっかくの笑顔がまたくもり、最後までさんまに泣かされる卒業となった。

 同番組のアシスタントは、1990年4月スタート時の大桃美代子から始まり、辻アナで7代目。11月12日放送予定の『明石家電視台 秋のロケSP2018(仮)』でアシスタントデビューを果たす。

関連記事(外部サイト)