キスマイ北山宏光、約8000字インタビューで語る35歳の“プロ論”「絶対に気分で仕事しない」

キスマイ北山宏光、約8000字インタビューで語る35歳の“プロ論”「絶対に気分で仕事しない」

『with』9月号特別版表紙を飾るHey! Say! JUMP・山田涼介

人気グループ・Kis-My-Ft2の北山宏光(35)が、28日発売のファッション雑誌『with』(講談社刊)に単独で登場する。20組もの“各界のプロフェッショナル”が集結した今号では、この夏、デビュー10周年を迎える北山を8ページにわたりソロ特集。アイドルとして、35歳の男として。熱量たっぷりに“プロ論”を約8000字におよぶロングインタビューで語っている。

 デビュー以前からパフォーマンス面はもちろん、精神的な支柱としてもグループを率いてきた北山。常に自らと戦いながら誠実に成長を遂げてきた10年間の記憶と、グループへの思いを打ち明ける。この撮影現場では10年の間変わることなく、ポジティブに表現を続けてきた。インタビューの途中、その理由を尋ねると「良いときも悪いときも、なるべく自分の心を一定に保つようにしている」と回答。「絶対に気分で仕事しないと決めている」と語る言葉の通り、いつでもフラット。そのうえで、スタッフとコミュニケーションをはかり必ずベストな表現を追求する、そんな北山の“プロ論”とは。

 現在放映中の主演ドラマ『ただ離婚してないだけ』など、俳優としての活躍も光る北山が『オフィスの頼れるセンパイ』にふんし、『北山センパイとのお仕事ダイアリー』と称したストーリーでは、“爽やかなのにアツさもあって、仕事も超デキる”北山ならではの、“キュン満載”な1週間を展開する。

 撮影を担当したのは、前康輔氏。彼をよく知るメンバーで構成されたチームワーク抜群の現場ではカットごとにサイドストーリーを膨らませるなど、とても和やかなムードで撮影が進行。「ちょっと照れるよね」と笑顔を見せる北山の名演にも注目だ。「休日出勤で出社したらそこには北山センパイが…」など、夏のときめきを凝縮し、さらに、悩めるお仕事ガールへのアドバイスや、グループについてのQ&Aなども掲載されている。

関連記事(外部サイト)