ジャニーズWEST濱田崇裕、登場シーンの“原作比較”公開 再現度の高さに絶賛の声

ジャニーズWEST濱田崇裕、登場シーンの“原作比較”公開 再現度の高さに絶賛の声

ドラマ『武士スタント 逢坂くん!』より(C)NTV/JS

ジャニーズWESTの人気グループ・の濱田崇裕(※濱は旧字体)が主演を務める、日本テレビの深夜ドラマ『武士スタント逢坂くん!』。26日放送の初回では、原作冒頭の強烈なシーンを濱田がこん身の筋肉を披露し演じたが、このほど原作比較の場面カットが公開された。SNSでは「こんなにも漫画に忠実なドラマない気がする」「本当にすごいよ、濱ちゃんの体も最高」「おかしい、匂い伝わらないはずなのに、汗臭いっww」とその再現率の高さに反響の声が数多く寄せられている。

 今作は、2019年11月〜2021年4月まで『週刊ビックコミックスピリッツ』にて連載された漫画を実写化。原稿の締め切り寸前の中堅漫画家・宮上裕樹(今井隆文)、チーフアシスタントの緋村清人(森本慎太郎)、アシスタントの瀬戸(長井短)の前に突然現れたのは、亀甲縛り状態の武士・逢坂総司郎(濱田)。江戸時代、大名・鶯谷寛喜(高嶋政宏)が流布を禁じていた中、武士・逢坂は貧困のため闇夜に隠れて春画を描き生計をたてていた。しかし、ある日、逢坂の正体が鶯谷に伝わり処刑されることに。

 「もっと、画を描きたかった。喜ぶ人の顔が見たかった」。処刑寸前に感じた無念の思いから、突如、現代へタイムスリップしたというのだ。令和に来た逢坂は、作業スペースで見た「まん画」に感激。さらに街中の少しエッチな広告や看板、その辺で買える「『春』=エロ」にもおえつを漏らすほど号泣。宮上の担当編集者・丹内あたり(久保田紗友)に熱い胸の「昂ぶり」を感じた逢坂は、思わず丹内を用いた春画を描いてしまう。

 「まん画」を学びたい逢坂は、先生の弟子としてお仕えしたいとお願いする。宮上は逢坂をアシスタントとして受け入れ、逢坂の『まん画道』が始まることに。しかし、それを見ている緋村は厳しい表情をしていた…。逢坂の存在が宮上の作業の邪魔になるのではないか。そして、宮上はじめ瀬戸や丹内と緋村以外の仲間たちがすんなり逢坂くんを受け入れ始めていることに、不安を覚えていた。

 宮上の作業1つ1つに感動し、「若干ウザい」と感じるほど質問しまくる逢坂くんに緋村は1つの申し出をする。「僕と勝負してもらえませんか?」。勝負の結果、逢坂くんが勝てば、自分はもう何も言わない。しかし、緋村が勝てば、ここから出て行ってほしいと。緋村からの果たし状が渡された。その戦いとは…相撲。逢坂くんと緋村の男同士の真剣勝負の結果はいかに。

関連記事(外部サイト)