オーディション合格後すぐに連ドラ出演が決まった期待の新人・安土姫華、将来の夢は「いつか憧れの大島優子さんと共演したい」

オーディション合格後すぐに連ドラ出演が決まった期待の新人・安土姫華、将来の夢は「いつか憧れの大島優子さんと共演したい」

ベリーベリープロダクション所属/安土姫華

10周年を迎える乃木坂46の新メンバーオーディションや、ハロー!プロジェクト 新メンバーオーディション、NiziUに続く”世界基準のボーイズグループ”を発掘する「Nizi Project Season 2 Global Boys Audition」、LDH史上最大規模オーディション『iCON Z 〜Dreams For Children』など、大型オーディションが目白押しの今夏。オーディションサイト『デビュー』では、“オーディション”を経て芸能界デビューを果たした、これからの活躍が期待される新人の【オーディションエピソード】を紹介。本人および担当マネージャー・スタッフの取材とともにクローズアップする。今回は、今年1月実施のデビュー『冬の特別オーディション2021』で合格し、所属後すぐにテレビ朝日系連続ドラマ『緊急取調室』第4話(8月12日放送予定)への出演が決定したほか、アイドルユニット【いちごみるく色に染まりたい。】としても活動中の期待の14歳・安土姫華に、オーディションで心掛けたことなどの体験談を聞いた。

■ベリーベリープロダクション所属/安土姫華

――現在の所属事務所に応募したきっかけは?

【安土姫華】「女優だけでなくアイドルや、モデルなど、たくさんのことに挑戦できる事務所だと思ったからです」

――応募書類では、特にどんなことをアピールしましたか

【安土姫華】「私は新体操(柔軟)がすごく得意なのでそのアピールと、スタイルがよく見える写真の撮り方を調べたり、どの高さから撮ると顔もスタイルも良くなるかをママと探りながらお写真を撮りました」

――面接審査でアピールしたことは?

【安土姫華】「自分の性格(明るい、元気)を全面に出すことと、演技が大好きなので、演技審査では楽しい!!っていうことが見ている人にも伝わるようにしました」

――オーディションで合格を掴み取るまでに、どんな努力や準備をしていましたか。

【安土姫華】「お肌のケアと、自己紹介の練習をしました」

――所属事務所「ベリーベリープロダクション」はどんなところですか?

【安土姫華】「いつも優しく、私たちのためにどうしたら良くなるのかを考えて下さり事細やかなサポートをしてくれる、元気で明るい事務所(マネージャーさん、社長さん)です」

――今後の夢、目標を教えてください。

【安土姫華】「私は大島優子さんに憧れてアイドル、女優になりたいと思ったので、いつか大島優子さんとドラマや映画で共演したいです! 共演以外は、ドラマ、映画の主役になりたいです!!! そして、東京ドームで単独ライブが出来るくらい認知される【いちごみるく色に染まりたい。】にしたいです!」

◆担当マネージャー・スタッフからのイチ押しポイント◆
「初ドラマ撮影で監督から芝居のセンスが良いと褒められました。アイドルユニット【いちごみるく色に染まりたい。】の先輩方々からも可愛がられています! 素直な性格が吸収力をアップにつながり、今後の成長が期待されます!!」

【プロフィール】
安土姫華(あんど・ひめか)●2007年4月3日生まれ、東京都出身。ベリーベリープロダクション所属。
主な出演作:ミュージカル『しゃばけ』(鳴家役)、氷川きよし明治座特別公演「ねずみ小僧」(おはな役)、舞台『ぼくの天使になれっ!』(なつき役)、舞台『コンテスト』、『Popteen』6月号記載、『Teens』記載、『Chu→Boh』vol.102記載、8月12日放送のテレビ朝日『緊急取調室』第4話に橘頼子(中学時代)役で出演決定。

関連記事(外部サイト)