LDH史上最大オーディション『iCON Z』地上波ゴールデンでレギュラー放送決定

LDH史上最大オーディション『iCON Z』地上波ゴールデンでレギュラー放送決定

LDH史上最大規模オーディション『iCON Z 〜Dreams For Children〜』プロデューサー陣(左から)EXILE AKIRA、EXILE SHOKICHI、登坂広臣

EXILEや三代目 J SOUL BROTHERSらが所属するLDH史上最大規模の大型オーディション『iCON Z(アイコンゼット) 〜Dreams For Children〜』が、地上波ゴールデンタイムでレギュラー放送されることが決定した。

 今月16日に概要が明らかになった同オーディションは、EXILE HIROが総合プロデュースし、3つのプロジェクトが展開される。

 EXILE AKIRAはEXILE TRIBEの次世代新グループ発掘のプロジェクトリーダーを務め、EXILE SHOKICHIは男性ソロアーティストのプロデュースを担当。三代目 J SOUL BROTHERSの登坂広臣は、BTSやTOMORROW X TOGETHERらが所属する「HYBE」の日本法人「HYBE JAPAN」との共同プロデュースで女性グループを発掘する。所属アーティストが合格者をプロデュースするのは初の試みで、同社によると、16日の募集開始からエントリーが殺到しているという。

 総合プロデューサーのEXILE HIROは「今回のオーディションでは、今まで以上にさまざまなスタイルのアーティストが生まれると思いますし、このオーディションを通して何組のアーティストが生まれるのか、新しい仲間がたくさん増えることを本当に楽しみにしている」と期待を寄せる。地上波ゴールデンタイムに放送される番組の詳細は改めて発表される。

 応募条件は中1〜25歳男女(1996年4月2日〜2009年4月1日)で、プロ・アマ問わず、国籍不問。募集部門はボーカル、ラップ、ダンス。エントリーは8月5日午後11時59分まで受付中。

関連記事(外部サイト)