「ミス・ティーン」14歳“橋本環奈似”美女がグランプリ 新川優愛ら衝撃「吸い込まれるような瞳と肌」

『2022 ミス・ティーン・ジャパン』に北海道出身の14歳・石川花さん 新川優愛も絶賛

記事まとめ

  • 『2022 ミス・ティーン・ジャパン』の決勝大会で、石川花さんがグランプリに輝いた
  • 北海道出身で、中学2年生の石川さんは、応募総数7524人の頂点に立ち、大粒の涙
  • 応援アンバサダーの新川優愛、平祐奈、トラウデン直美も登壇し、新川が石川さんを絶賛

「ミス・ティーン」14歳“橋本環奈似”美女がグランプリ 新川優愛ら衝撃「吸い込まれるような瞳と肌」

「ミス・ティーン」14歳“橋本環奈似”美女がグランプリ 新川優愛ら衝撃「吸い込まれるような瞳と肌」

『2022 ミス・ティーン・ジャパン』グランプリに輝いた石川花さん (C)ORICON NewS inc.

『2022 ミス・ティーン・ジャパン』の決勝大会が10日、都内で行われ、北海道出身の中学2年生・石川花(いしかわ・はんな/14)さんがグランプリに輝いた。

 応募総数7524人の頂点に立った石川さん。グランプリ発表の際には、感激のあまり大粒の涙を流しながら「とてもうれしいです」とコメント。今後の展望を聞かれると「もっと大きなランウェイを歩いたり、バラエティー番組にも出てみたい!」と芸能界入りに意欲を燃やした。

 また、質疑応答では「恐れ多いのですが、友達から橋本環奈さんに一回似てると言われたことがあります。あとは髪が長かった頃に中条あやみさんに似てると言われたことがあります」と照れながら明かしていた。

 東京ガールズコレクションや雑誌・CMモデルなどで活躍しているトラウデン直美をはじめ、ミス・ユニバースのファイナリストなども輩出している同コンテスト。準グランプリに福岡出身の17歳・火ノ口紗彩和(ひのくち・さあや)さん、フォトジェニック賞に静岡出身の16歳・増尾アンジー日和(ますお・あんじー・ひより)さんが選出された。

 決勝には、応援アンバサダーとして女優の新川優愛平祐奈、トラウデン直美も会場に駆けつけ、新川は「今年も感動的なドラマを見させていただきました。きょうで夢への第一歩を踏み出すことになるのかな。これからもキラキラした、かわいい笑顔で頑張ってください」とエール。石川への印象を問われると「この透明感! 吸い込まれるような瞳と肌が花ちゃんの強みかな」と絶賛していた。

関連記事(外部サイト)