『仮面ライダービヨジェネ』にスーパー1、ZOらレジェンド登場 王蛇やエターナルなどダークライダーも

『仮面ライダービヨジェネ』にスーパー1、ZOらレジェンド登場 王蛇やエターナルなどダークライダーも

『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』本ポスタービジュアル 「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

1971年の『仮面ライダー』誕生から、現在放送中の仮面ライダー生誕50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』まで半世紀にわたる仮面ライダー史を揺るがす全てを超越(BEYOND)した予測不能な物語の仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』(12月17日公開)。ゲストキャストが24日、解禁となり、中尾明慶と古田新太が出演するこ。

 解禁となったポスター ビジュアルでは、目に飛び込んでくるのは、圧倒的な存在感を放つ仮面ライダーセンチュリーの姿。2071年の未来で誕生した敵か味方かもわからない、“謎多き仮面 ライダー”。1971年に誕生した仮面ライダー1号の解剖図を、そして現代である2021年の仮面ライダーセイバーと仮面ライダーリバイスらを、まるで仮面ライダーの歴史を切り割くかのように破る姿が描かれ、衝撃的なビジュアルとなっている。さらに、切り裂かれた破片には、仮面ライダーゼロワンや仮面ライダーBLACK RX、仮面ライダーウォズなど、さまざまな仮面ライダーのクレスト(紋章)が見つけられる。どの仮面ライダーのクレストが映っているのか、注目だ。キャッチコピーの「未来、襲来」の“未来”とは、仮面ライダーセンチュリーのことを指しているのか…。まだまだ全貌は見えず、期待が高まる。

 本作の主題歌がテレビシリーズも担当する、Da-iCEによる「Promise」に決定した。12月22日発売「liveDevil」のCDにも収録される。

 また、この日、解禁となったWEB予告動画では、まず2071年の様子が映し出される。現代の2021年とは異なり、悪魔に支配され、荒廃した世界になってしまっている。そんな2021年からやってきたという、仮面ライダーセンチュリー。解禁されていたビジュアルとは様子が違い、禍々しさを感じさせる。

 そして、世代を“ビヨンド”して、仮面ライダースーパー1、仮面ライダーZO、仮面ライダーアギト、仮面ライダーフォーゼら、今年10周年から40周年を迎えた仮面ライダーたちや、平成、令和を代表する仮面ライダークウガ、仮面ライダーゼロワンと、レジェンドライダーが集結。そこに立ちはだかるのは仮面ライダー王蛇や仮面ライダーエターナルら、ダークライダーの大群。仮面ライダーの歴史をかけた壮大な戦いを期待させている。

関連記事(外部サイト)