北京五輪銅メダリストのスキー渡部暁斗、第2子男児の誕生を報告

北京五輪銅メダリストのスキー渡部暁斗、第2子男児の誕生を報告

渡部暁斗選手が第2子男児の誕生を報告(写真は本人のインスタグラムより)

北京五輪ノルディックスキー複合男子個人ラージヒルで銅メダルを獲得した渡部暁斗選手(34)が26日、自身のツイッターを更新。第2子となる男児が誕生したことを伝えた。自身の誕生日に、うれしい報告となった。

 渡部選手は、2020年11月に第1子となる男児が誕生。この日、ツイッターでは「新しい家族が増えました。立会い、面会ができなかったので、男2人は今日が初対面。母子共に健康です。最高の誕生日になりました。家族一同今後ともよろしくお願いします」とつづった。

 渡部選手は、ノルディックスキー複合男子個人ラージヒルで銅メダルを獲得。過去2大会は個人ノーマルヒル「銀」で、冬季の3大会連続メダル獲得は日本勢で2人目となった。

関連記事(外部サイト)