テレ東史上初、深夜ドラマ2作品が夢の米国リメイクへ一歩前進

テレ東史上初、深夜ドラマ2作品が夢の米国リメイクへ一歩前進

テレビ東京深夜ドラマ2作品、ハリウッド進出は実現するのか!? 上は『デッドストック〜未知への挑戦〜』、下は『玉川区役所OF THE DEAD』

テレビ東京は22日、同局で放送された深夜ドラマ2作品について、「米国におけるリメイクオプション契約が成立した」ことを発表した。テレ東の深夜ドラマ枠といえば制作費は低予算、アイデア勝負でエッジの効いた作品で知られるが、今回、2017年7月期に放送された『デッドストック〜未知への挑戦〜』がソニー・ピクチャーズ・テレビジョンと、14年10月期に放送された『玉川区役所OF THE DEAD』がライオンズゲート・テレビジョンと、それぞれ契約成立に至ったという。

 ハリウッド進出という無謀な挑戦を仕掛けたのは、テレ東本気のJホラー作品、『デッドストック』のチーム。米国では『リング』や『呪怨』をはじめ、数々のJホラー映画のリメイク版が公開されてきたが、『デッドストック』は初のテレビドラマとしてのハリウッドリメイクを目指し、アミューズグループUSA(以下アミューズUSA)チームと、脚本家の三宅隆太・加藤淳也両氏とともに戦略的に脚本開発。米国版『DEAD STOCK』 は、Intrigue Entertainment、Vertigo Entertainment、そしてソニー・ピクチャーズがタッグを組み、企画開発中。テレビ東京とアミューズUSAはエグゼクティブ・プロデューサーとして参加する。

 一方、『玉川区役所OF THE DEAD』は、「ゾンビ」が日常化する近未来の日本を舞台に、ゾンビ捕獲を担当する公務員の葛藤を描く新感覚エンターテイメント。テレ東深夜のゆるい「ゾンビヒューマンコメディー」を、ゾンビコンテンツの本場米国が、『OFFICE OF THE DEAD』として逆輸入することになった。「ゾンビが脅威ではなくなった世界」という設定の面白さが評価され、現在Feigco Entertainment、アミューズUSA、そして、ライオンズゲート・テレビジョンの手によって鋭意企画開発中にある。

 同局史上初となる夢の米国リメイク実現に向けて、一歩踏み出したところ。同局では、「テレ東深夜ドラマ、夢の米国リメイク実現なるのか!? ハリウッド進出のハードルはまだまだ高いですが、今後の進展にご期待ください」と表明している。

 両作品とも動画配信サービス「Paravi」ほかで配信中。

■『デッドストック〜未知への挑戦〜』
 テレ東の新人AD常田大陸(村上虹郎)は、2016年に社屋移転で発掘された大量の番組素材を整理する部署”未確認素材センター“に配属される。そこにいたのは同僚ディレクター二階堂早織(早見あかり)と、プロデューサー・佐山暁(田中哲司)。理想とはかけ離れたVTR整理の日々…。そんな中、大陸は本来映ってはならない怪奇現象が記録されたテープを発見する。廃棄テープの整理に嫌気がさしていた先輩ディレクターの早織は、テープに映っていた怪奇現象の続きを撮影し、勝手に番組にしようと思い立つ。早織に圧されるがままに、大陸も怪奇現象の取材に巻き込まれていく…。そこで見たものは、世にも不思議で恐ろしい出来事の数々だった…。

■『玉川区役所OF THE DEAD』
 玉川区役所特別福祉課に勤める主人公・赤羽晋助(林遣都)は、公務員らしく安定した生活を送るものの、いまいちパッとしない毎日。流されて生きてきたどこにでもいる“普通の男”は、今日もなんとかゾンビを捕まえる…いや、ちょっと待った! なにかがおかしい? そう、彼が住むのは“ゾンビ”がいる世界。彼の仕事=玉川区特別福祉課とは、ゾンビ対策と捕獲を担当する部署だった。新人として配属された“超武闘派”の女の子(広瀬アリス)との恋の行方、幼なじみのゾンビ博士との普通じゃない友情、すっとぼけた愛しき上司たち、Hなお店でゾンビウイルスに感染してしまった親族…など、みどころ満載の異色のホラー系ヒューマンコメディー。

■リメイクオプション契約とは
 一定期間独占的に企画開発を行う権利をスタジオに付与する契約。契約をしたスタジオは開発資金を投資し、脚本家や制作会社のプロデューサーと共に放送局(もしくは配信会社)に売り込む米国版のキャラクターやストーリーを考案する。そのため、リメイク版の放送が決まるかどうかはスタジオの企画開発チームの力量によるところが大きい。今回契約に進んだソニー・ピクチャーズ・テレビジョンは『ブレイキングバッド』や『グッドドクター(韓国ドラマのリメイク)』、ライオンズゲート・テレビジョンは『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』、『マッドメン』等の数々ヒット作を搬出しているメジャースタジオ。

関連記事(外部サイト)