ももいろクローバーZ、『ちびまる子ちゃん』30周年アンバサダー

ももいろクローバーZ『ちびまる子ちゃん』30周年アンバサダーに就任 主題歌を担当

記事まとめ

  • ももいろクローバーZが、『ちびまる子ちゃん』30周年アンバサダーに就任すると発表
  • ももクロは4月7日の放送から主題歌「おどるポンポコリン」を担当し、番組を盛り上げる
  • 同曲はB.B.クィーンズがオリジナルで歌って以来、木村カエラ、E-girlsらがカバーした

ももいろクローバーZ、『ちびまる子ちゃん』30周年アンバサダー

ももいろクローバーZ、『ちびまる子ちゃん』30周年アンバサダー

フジテレビ系アニメ『ちびまる子ちゃん』30周年アンバサダーにももいろクローバーZが就任(左から)佐々木彩夏、百田夏菜子、まる子、玉井詩織、高城れに(C)さくらプロダクション/日本アニメーション

アイドルユニット・ももいろクローバーZが、『ちびまる子ちゃん』30周年アンバサダーに就任することが23日、発表された。1990年1月7日よりフジテレビ系で放送中の『ちびまる子ちゃん』(毎週日曜 後6:00〜6:30)は、来年1月にアニメ化30周年を迎える。これを記念して、今年4月から1年間を「ありがとう!アニメ化30周年 みんなとちびまる子ちゃんイヤー」と銘打ち、さまざまな企画で盛り上げていく。ももクロはさっそく、4月7日の放送から、主題歌「おどるポンポコリン」を担当し、番組を盛り上げる。

 主人公のまる子とその家族や友だちとの、ほのぼのとした日常生活を楽しく、面白く、時に切なく描き、日本中に愛されてきた同アニメ。30周年アンバサダーを務めることなったももいろクローバーZを代表して、百田夏菜子は「『おどるポンポコリン』を歌えると聞いた時は、本当にうれしかったです。個人的には同じ静岡出身ということで親近感があり、いつかまるちゃんと一緒にお仕事できたらいいなと思っていたので、夢がかなってうれしく思います。アニメ『ちびまる子ちゃん』30周年ということで、ぜひまるちゃんファンのみなさんと一緒に盛り上げていきたいなと思います」と、コメントを寄せた。

 ももクロが歌う新オープニング主題歌「おどるポンポコリン」は、B.B.クィーンズがオリジナルで歌って以来、これまでManaKana & 泉谷しげる、木村カエラ、E-girls、ゴールデンボンバーら多くのアーティストによってカバーされてきた。今回のももクロバージョンでは、世界各国のお祭りをイメージし、サンバや三味線のリズムを加えてにぎやかにアレンジ。さらに、楽曲内でまる子や花輪くんなどが掛け合いのように参加。レギュラー声優の声が楽曲内でコラボするのは、数あるカバーの中でも初めてのことだ。

 主題歌と一緒に流れる新オープニング映像では、アニメ化されたももクロの百田、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにの4人が登場。まる子をはじめ、おなじみのキャラクターたちとの共演を果たす。4人は今後、1年にわたり30周年アンバサダーとしてさまざまな形でアニメ『ちびまる子ちゃん』の盛り上げのために活動する予定。

 番組ではアニメ化30周年を記念し、3種類の特別企画をそれぞれ10週連続で放送する<合わせて30週企画>を実施。第1弾として、4月7日の放送から<10週連続さくらももこ原作祭り>を放送する。この企画は、昨年8月に亡くなったさくらももこさんの原作の中から、人気の高い選(え)りすぐりの10作品を、新規作画・演出で発表する。さらに番組では、今月から季節のお題に応じた俳句を視聴者から募集する<友蔵 心の俳句募集企画>も実施。俳句が選ばれると、毎週の放送の中で友蔵が読み上げて紹介するほか、『ちびまる子ちゃん』グッズのプレゼントもある。

 フジテレビ本社屋25階球体展望室「はちたま」では、4月6日から『ちびまる子ちゃんアニバーサリーパーティー』も開催。5月8日のまる子の誕生日とアニメ『ちびまる子ちゃん』30周年をお祝いした巨大アニバーサリーケーキが設置され、まる子と一緒に写真を撮ることができるフォトスポットや限定オリジナルグッズが買えるショップ「みまつや 台場店」など、アニメ『ちびまる子ちゃん』の世界観が楽しめる企画満載のイベントとなっている。

■<友蔵 心の俳句募集企画>応募専用サイト https://s1.fujitv.co.jp/safe/maruko/kokoro_haiku/haiku_bosyu.html

関連記事(外部サイト)