井ノ原快彦、寺尾聰からお団子“あ〜ん”「『おっさんずラブ』じゃないんで」

井ノ原快彦、寺尾聰からお団子“あ〜ん”「『おっさんずラブ』じゃないんで」

テレビ朝日『特捜9 season2』囲み取材に出席した(左から)寺尾聰、井ノ原快彦、津田寛治 (C)ORICON NewS inc.

人気グループ・V6の井ノ原快彦が主演を務めるテレビ朝日系刑事ドラマ『特捜9』囲み取材に出席した。井ノ原をはじめ、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、山田裕貴、原沙知絵、中越典子、寺尾聰ら昨年放送の『season1』から出演するおなじみのキャストが集結。桜の木のセットの下で行われた会見では9色のカラフル“お団子”も登場し、寺尾から“あ〜ん”された井ノ原は「『おっさんずラブ』じゃないんでお願いします!」と断りを入れながらピースサインでフラッシュを浴びた。
 
 2006年4月にスタートして以来“9係”の愛称で親しまれてきた連ドラ『警視庁捜査一課9係』が、昨年、寺尾を班長に迎え『特捜9』にタイトルを一新。4月10日より『season2』(毎週水曜 後9:00)が幕を開ける。

 井ノ原は「去年は、『9係』を残しつつのの『特捜9』だったけど今年からは色を変えていきたい。いろいろ今できることは今やろうと、身体が動くうちに動いていこうと。新しいってなんだろうということで、今までやってないことはなんだろうとみんなであげていけたらいいな。今年の『特捜9』から本当の『特捜9』、season2だけどパート1のような気持ちでやっていきたい」と気持ちを新たにした。

 そんな井ノ原演じる主人公“主任”浅輪直樹をはじめ捜査一課特別捜査班8人との直樹の妻・倫子役の中越はすっかり息ぴったりの様子。報道陣そっちのけでトークは脱線しまくれば羽田は「うちわトークになってるから!」と爆笑。井ノ原が「ほとんど役を素でやっているようなもん」と言い放てば、山田は「それにしては僕は生意気すぎる!もうちょっと先輩を立てる」と反抗するなどとにかく笑いに包まれていた。

 お花見気分のセットに、このメンバーでやってみたいイベントを問われると「このメンバーで、バーベキューやろうってなったら誰がなんの担当になるのかな。寺尾さんには場所提供してもらって」と妄想をふくらませる井ノ原に、寺尾は「みんなでハワイでやろうよ」となんとも贅沢な提案。井ノ原が「旅費と宿泊代は寺尾さん。僕はやきそば担当」と得意げな笑みを浮かべた。

 すると津田は「着物のファッションショーをみんなでやったら面白いんじゃない?」と大胆な発想。これに吹越は「『特捜9』の江戸時バージョンは?」と乗っかり、「羽田さんはちょんまげゆって、十手持って。すごい」とニヤリ。寺尾が「俺は牢屋につながれている」といえば「俺は泥棒がいい」「俺は蕎麦屋」とキャストが勝手気ままに意見を出し合う展開に井ノ原は「誰が刑事やるの?」と首をかしげつつ「何をやっても楽しそうですね」と目を細めていた。

 なお、スペシャルドラマ『特捜9 スペシャル』は4月7日午後9時から放送。

関連記事(外部サイト)