博多華丸、丸刈り理由はやっぱり舞台 反響少なく「もっと宣伝になると思ったんですけど…」

博多華丸が「あさイチ」に丸刈り姿での出演の理由は、作品の役作りだったことが判明

記事まとめ

  • 博多華丸が「あさイチ」に丸刈り姿で出演したのは、作品の役作りだったと語った
  • 昨年4月の『あさイチ』初出演は、劇場版撮影のため丸刈り姿だったことも話題に
  • 囲み取材には酒井美紀、大空ゆうひ、相島一之、藤吉久美子、原西孝幸らが参加した

博多華丸、丸刈り理由はやっぱり舞台 反響少なく「もっと宣伝になると思ったんですけど…」

博多華丸、丸刈り理由はやっぱり舞台 反響少なく「もっと宣伝になると思ったんですけど…」

“丸刈り”の反響が少なかったことを残念がった博多華丸 (C)ORICON NewS inc.

お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸が26日、都内で舞台『めんたいぴりり〜博多座版〜未来永劫編』のけいこ場公開に参加。22日放送の『あさイチ』(NHK総合 月〜金 前8:15〜9:55)に丸刈り姿で出演していたが、ライフワークとする作品の役作りだったことが判明した。

 同作は華丸がドラマ、舞台、劇場版をこなす作品で、役作りのため毎作品ごとに頭を刈っている。昨年4月の『あさイチ』初出演は劇場版撮影のため丸刈り姿だったことも話題になった。22日の放送後の反響について華丸は「またか、みたいな感じでした」と苦笑い。「定期的にボウズになっているもので逆に、あまり反響がない。もっと宣伝になるかなと思ったんですけど」と短く刈り上げた頭をかいた。

 また、『あさイチ』のMC就任からから間もなく1年。「割に無事に終えたな」と感慨深げ。朝起きられるかという不安も解消。「僕以上に大吉さんが朝、ちゃんと朝起きる。それに私は驚いております」と冗談交じりに語っていた。また、『あさイチ』は舞台出演のために、お休みとなる。

 原作は、福岡の辛子明太子のメーカー『ふくや』の創業者・川原俊夫氏を題材にした『明太子を作った男』(著・川原健)。2013年、15年にテレビ西日本でドラマ化された際に主演を務め、今年1月には劇場版が公開された。舞台版は15年に続き、2度目。30日から4月21日まで博多座で上演される。

 華丸は「(公演の)前祝いのように29日にプロ野球が開幕して、知り合いの『Shin Shinラーメン小倉店』がオープンする。まさに福岡は桜が満開で、ちょうど散るころに終わる。『未来永劫』と言いつつも儚い1回1回、完全燃焼な舞台になる。ぜひ、お見逃しなく!」と呼びかけた。

 囲み取材には酒井美紀、大空ゆうひ、相島一之、藤吉久美子、川原和久、原西孝幸、ワッキー、斉藤優、小松政夫、酒匂美代子、福場俊策、井上佳子も参加した。

関連記事(外部サイト)