多部未華子、リラックマと対面「意外と頭が大きいんだね」

多部未華子、リラックマと対面「意外と頭が大きいんだね」

(左から)多部未華子、リラックマ (C)ORICON NewS inc.

女優の多部未華子(30)が11日、都内で行われたNetflixオリジナルシリーズ『リラックマとカオルさん』(19日より世界独占配信)のワールドプレミアに出席。完成を祝してリラックマも駆けつけ、多部は「かわいいですね」と頭をなでながら「意外と頭が大きいんだね」と笑った。

 今年1月には、30歳の誕生日を迎えた。「すごい密に連絡を取ったり、自分の心の揺れや大切なことを言える友人が絞られて楽になったのかな」と笑顔で話し、抱負を問われると「特に期待をしてないです。今のままで? はい」と自然体で答えていた。

 ちょっとトボけたアラサー女性のカオルさんは、都内の小さな商社で働くごく普通のOL。ひとつ変わっていることは、いつの間にか住み着いたリラックマ、コリラックマ、そして掃除が大好きなキイロイトリと暮らしていること。真面目なことに少々のコンプレックスを抱いているカオルさんと、呑気なだららん生活を送るリラックマたちが過ごす色とりどりの12ヶ月。やさしくて、ちょっぴりほろ苦い物語をストップモーション・アニメ(コマ撮り)で描く。

 メガホンをとった小林雅仁監督は「全世界にファンがいるので“リラックマ像”を裏切らないよう映像化しようと考えました」。各キャラクターの細かいリアクション、美術、画作りなどにこだわったといい、作品の出来栄えをアピールしていた。

関連記事(外部サイト)