秋本治、大河原邦男らの秘話も? アニメ界のレジェンド・布川ゆうじが『ラフ∞絵』展で生解説ツアーを実施

秋本治、大河原邦男らの秘話も? アニメ界のレジェンド・布川ゆうじが『ラフ∞絵』展で生解説ツアーを実施

『ラフ∞絵(ラフむげんえ)』展を企画したプロデューサー・布川ゆうじ氏 (C)oricon ME inc.

日本が世界に誇るポップカルチャーを、アニメ創世記からけん引してきた4人のアーティスト、秋本治氏、天野喜孝氏、大河原邦男氏、高田明美氏。4人のレジェンドが携わったマンガのネーム、アニメの絵コンテなど、さまざまな“ラフ絵”にスポットをあて、作品が生まれる瞬間に迫る展覧会『ラフ∞絵(ラフむげんえ)』が、アーツ千代田3331(東京都)で4月16日(火)まで開催されている。

 同展では、4人の代表作を中心に、約800点以上のラフ絵と完成原画を展示。また、来場者の要請に応えて、本展覧会を企画したプロデューサー・布川ゆうじ氏とゼネラルディレクター・植野淳子氏の生解説を交えながら「ラフ∞絵」を廻る展覧会ツアーを実施中。

 展示作品の解説だけでなく、4人のアーティストのタツノコ時代の話や、知られざるエピソードなども聞ける貴重な機会として話題となっている。

 布川氏は「ラフ絵の魅力は、想像した線を無防備に引いていく“生きた線”にあります」と説明。続けて、「ラフ絵を描いていくプロセスを見ることができるので、クリエイターを目指す人にぜひ見てほしい」と語った。そして自身がアテンダーとなるツアーについて「4人にまつわるラフ絵の“裏話”も話します」と笑顔でアピールした。

 なお、『ラフ∞絵(ラフむげんえ)』は4月16日(火)までアーツ千代田3331(東京都)で開催中。布川ゆうじ氏の展覧会ツアーの詳細は公式HPにて。

関連記事(外部サイト)