今田美桜、『sweet』20周年イベントにサプライズ登場「こんなに近いランウェイ初めて」

今田美桜、『sweet』20周年イベントにサプライズ登場「こんなに近いランウェイ初めて」

『sweet』創刊20周年イベントに登場した今田美桜 (C)ORICON NewS inc.

女性ファッション誌『sweet』の創刊20周年を記念したイベント「sweet collection 2019」が13日、東京・渋谷ヒカリエにて開催された。女優の今田美桜(22)が、シークレットゲストとして登場し、会場の声援を受けながらランウェイをかっ歩した。

 今田は「こんなにみなさんと近いランウェイは初めてで、楽しかったです」とにっこり。「私服はパンツとかが多いです。帽子も大好きです」と自身のファッション観も明かしながら「今回初めて『sweet collection』にお邪魔したのですが、『sweet』の創刊20周年ということで、この特別なステージに立てて幸せです。このあとも楽しんでください」と呼びかけていた。

 1999年に創刊された同誌は、20代後半を中心読者とするファッション雑誌として「カワイイ格好をしないと、可愛くなれない!」というコンセプトを打ち出し、これまで「大人カワイイ」という言葉を流行させるなど、社会現象を巻き起こしてきた。

 今回のイベントは『sweet』の読者650組1300人を招待して、ファッションショーやトークショーを楽しんでもらうために開催。「20周年大感謝祭」をテーマにして、「自分史上最高のオシャレ」をドレスコードとした。

 オープニングでは、小嶋、マギー、佐藤栞里、石田ニコル、齋藤飛鳥がそれぞれ「s」「w」「e」「e」「t」と書かれた文字を手に持ち、横一列に並ぶ豪華共演で会場を沸かせた。

関連記事(外部サイト)