【なつぞら】第3週「なつよ、これが青春だ」あらすじ

NHK連続テレビ小説『なつぞら』、15日からなつ役は広瀬すずへ 草刈正雄らも出演

記事まとめ

  • NHK朝ドラ『なつぞら』は15日からの第3週より、ヒロインのなつは広瀬すずが演じる
  • 第3週はなつが十勝の柴田家に来てから、9年が経過したところから物語は再開する
  • 本作には広瀬のほか、藤木直人、草刈正雄、松嶋菜々子、山田裕貴、柄本佑も出演

【なつぞら】第3週「なつよ、これが青春だ」あらすじ

【なつぞら】第3週「なつよ、これが青春だ」あらすじ

連続テレビ小説『なつぞら』第3週「なつよ、これが青春だ」(C)ササユリ・NHK

NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(月〜土 前8:00 総合ほか)。15日からの第3週より、ヒロインのなつは子役の粟野咲莉から広瀬すずにバトンタッチ。時は昭和30年(1955年)、十勝農業高校の3年生になっていた。

 第1週で、9歳のとき、戦死した父の戦友だった剛男(藤木直人)に引き取られ、北海道・十勝で酪農を営む柴田家へやってきた、なつ。第2週では、生き別れた実の兄や妹が恋しくなり、家出騒ぎを起こすも、柴田家の子として暮らしていく覚悟を決める。そして、剛男の義父・泰樹(草刈正雄)からバターづくりを教えられたり、小学校でアメリカ製の「漫画映画」を初めて見たり、将来につながる「夢」と出会う。

 第3週は、なつが十勝の柴田家に来てから、9年が経過したところから物語は再開。なつは地元の農業高校に通いながら、酪農の仕事を手伝っていた。ある朝、柴田家の牛が産気づき、泰樹たちは出産の準備をするが、いざ破水が始まると逆子であることが判明する。必死に仔牛を引っ張り出す泰樹や富士子(松嶋菜々子)だったが、生まれた仔牛は息をしていなかった。落胆する一同を前に、なつは思わぬ行動をとる…。

 持ち前の明るさをすっかり取り戻していたなつ。一方、柴田家では酪農の経営をめぐり、泰樹と剛男がぶつかっていた。家族の仲違いに悩むなつは同級生の雪次郎(山田裕貴)に相談すると、演劇部顧問・倉田先生(柄本佑)を紹介される。倉田のアドバイスは意外なものだった。

 画像は、同ドラマの第3週の台本表紙に印刷されているイラスト。全編がアニメーションで制作されたタイトルバックの監督・原画・キャラクターデザインを手がけた刈谷仁美氏が26週分、すべて異なるイラストを提供している。

関連記事(外部サイト)