ザ・シネマが、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の新録吹き替え版を制作・放送 マックス(トム・ハーディ)役は宮内敦士

ザ・シネマが、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の新録吹き替え版を制作・放送 マックス(トム・ハーディ)役は宮内敦士

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

洋画専門CS放送「ザ・シネマ」が、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の吹き替え版を新たに制作し [ザ・シネマ新録版]として放送することが決定した。吹き替え版の声優は、マックス(トム・ハーディ)に宮内敦士、イモータン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)に安原義人、フュリオサ(シャーリーズ・セロン)に本田貴子がキャスティングされている。

 ザ・シネマは、過去に民放TVの洋画番組を見て育った洋画のファンの方に向けた「この俳優にはこの声優」というこだわりの吹き替え版の放送に力を入れている。今回2011年の『ブレードランナー ファイナル・カット [日本語版]』、2017年の「エイリアン」シリーズ第5作『(吹)プロメテウス[ザ・シネマ新録版] 』、2019年の『(吹)LIFE!/ライフ[ザ・シネマ新録版]』に続き、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の吹き替え版を制作し、 [ザ・シネマ新録版]として放送する。

 主役のマックス(トム・ハーディ)を演じる宮内敦士は、トム・ハーディやジェラルド・バトラーの吹き替えを数多く担当。JJ版『スター・トレック』シリーズのDr.マッコイも持ち役としている。敵役のイモータン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)を演じる安原義人は、ミッキー・ローク、メル・ギブソン、ゲイリー・オールドマンら幾多のハリウッドスターの声を受け持ってきた大ベテランで、『マッドマックス』、『マッドマックス2』、『マッドマックス/サンダードーム』でも吹き替えを担当している。

 そしてヒロインのフュリオサ(シャーリーズ・セロン)役の本田貴子は、シャーリーズ・セロンをはじめ、ハル・ベリー、ヒラリー・スワンク、ミラ・ジョヴォヴィッチの代表作に数多く出演。『(吹)プロメテウス[ザ・シネマ新録版]』、『アトミック・ブロンド』、『タリーと私の秘密の時間』でも吹き替えを担当している。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(C) Warner Bros. Feature Productions Pty Limited, Village Roadshow Films North America Inc., and Ratpac-Dune Entertainment LLC

関連記事(外部サイト)