『2019年度ミス湘南コンテスト』準グランプリは元イルカのトレーナー・MISATOさん

『2019年度ミス湘南コンテスト』準グランプリは元イルカのトレーナー・MISATOさん

第34回ミス湘南コンテスト準グランプリのMISATOさん。

設立36年のアマチュア写真団体「湘南女性写真研究会」が主催する『2019年度ミス湘南コンテスト』が4月28日に行なわれ、200名を超える応募者の中から、準グランプリに選ばれたのは、東京都墨田区出身のMISATOさん。水泳でインターハイ出場、前職はイルカのトレーナーという女性だ。

 神奈川県平塚市の湘南に本拠を置く湘南女性写真研究会。毎年4月にミス湘南コンテストを実施し、会の写真モデルを募集。会員は、撮影会の作品を毎月の例会に持ち寄って、相互研鑽に努めている。今年もオーディションサイト「デビュー」などから200名を超える応募が集まり、最終審査には20名が進出。

 当日は快晴に恵まれ、午前中の水着撮影会場となった平塚市湘南海岸公園には400名弱のカメラマンが参加。午後には会場を平塚市商工会議所に移し、ステージ審査が行われた。撮影会参加のカメラマンによる投票、ミス湘南グランプリのOGを中心とした審査員による面接、午後のステージ審査を経て、13名の2019年度ミス湘南が選出された。

 多くのカメラマンの票を集めて準グランプリに選ばれたMISATOさんは、東京都墨田区出身。身長164cm、バスト82cm、ウエスト58cm、ヒップ83cmというスタイルの持ち主だ。志望動機については「歳を重ねてもキラキラ輝く女性になりたいです。ミス湘南には様々なジャンルのモデルの方がいて、どの方もとても魅力的でした。今回のミスコンテストで新しい自分を発見して表現していきたいです」と語っている。

 2歳から水泳を始め、インターハイ等の全国大会に出場経験があるMISATOさんは、高校も保健体育科出身で「バリバリの体育会系で育った」のだという。なお前職は水族館の飼育員で、イルカとアシカのトレーナーを担当。さらに趣味はダイビングで、長期休暇には季節に関係なく世界中の海に潜りに旅に出ている。現在はレースクイーンやモデルの仕事の合間に、大好きな中津唐揚げ屋さん「ぶんごや」の店の手伝いをしているそうだ。

 準グランプリに選ばれた彼女は「私はスタイル維持と美への追求には努力を惜しみません。ミス湘南の活動を通じて、大自然の中でたくさんの方々に撮っていただき、存分に表現力を磨いていきたいです。仲間と協力しながら、ミス湘南の素晴らしさを発信していきます。1年後に成長したMISATOを改めて見てもらえるように頑張ります!」と抱負を語った。

 今回選出された2019年度ミス湘南の第一回目の水着大撮影会が19日(日)、平塚市湘南海岸公園で開催される。今後、合格者は、神奈川県の湘南海岸を中心に開催される撮影会に、水着や浴衣で参加。グランプリと準グランプリは、沖縄で行なわれる特別撮影会に招待される。

関連記事(外部サイト)