【GirlsAward】森星、キンプリ永瀬廉&神宮寺勇太、TWICE…豪華競演に3万3300人が興奮

【GirlsAward】森星、キンプリ永瀬廉&神宮寺勇太、TWICE…豪華競演に3万3300人が興奮

『Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER』フィナーレの模様 (C)ORICON NewS inc.

国内最大級のファッション&音楽イベント『Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER』が18日、千葉・幕張メッセで開催され、3万3300人が会場を訪れた。トップバッターは森星が務め、シークレットゲストには人気グループ・King & Princeの永瀬廉と神宮寺勇太が登場。TWICEがライブパフォーマンスのトリを飾るなど、盛りだくさんの内容で会場を盛り上げた。

 昨年末に乃木坂46を卒業した西野七瀬は、卒業後初となる『ガルアワ』のランウェイで赤いワンピース姿で登場。「QALB」のステージでは、山田孝之がプロデュースを手がけ、藤田ニコルとUVERworldのTAKUYA∞、NikiとSKY-HI、欅坂46の渡邉理佐と土生瑞穂、八木アリサとシークレットゲストのムロツヨシ、マギーと山田という豪華な組み合わせが実現した。

 トリのTWICEは「YES or YES-Japanese ver.-」「What is Love-Japanese ver.-」「FANCY」の3曲を歌うと「みなさん、楽しでいただけましたか。私たちもとっても楽しい時間でした」と笑顔でステージを後にした。

 今年で19回目を迎える同イベントは、これまで「渋谷からアジアへ。そして世界へ。」をスローガンに2010年から年2回にわたって東京・代々木第一体育館で開催。一昨年の秋から会場を幕張メッセに移した。今回は、ゲストMCにガールズイベント初出演となる松岡茉優を迎え、滝沢カレン、藤田ニコルといった人気モデルのほかにも、乃木坂46、日向坂46らがパフォーマンスを披露した。

関連記事(外部サイト)