木村文乃『世にも奇妙な物語』で初主演 『なつぞら』子役の“娘役”に…

木村文乃『世にも奇妙な物語』で初主演 『なつぞら』子役の“娘役”に…

6月8日放送の『世にも奇妙な物語 ’19雨の特別編』内オムニバスドラマ『人間の種』に主演する木村文乃 (C)フジテレビ

女優の木村文乃が、6月8日放送のフジテレビ系『世にも奇妙な物語 ’19雨の特別編』(後9:00)の『人間の種』で、同シリーズ初主演を飾ることがわかった。木村は、とある事情で結婚という幸せに踏み切れないOLを演じ、植物として生まれ変わる木村の“母親”をNHK連続テレビ小説『なつぞら』のヒロインの子役時代で話題を集めた粟野咲莉が演じる。「今回出演させていただいた『人間の種』自体は怖くないお話で、ハートウォーミングなお話です。心が通うシーンを楽しんでいただけたらと思います」とみどころを語っている。

 デザイン会社に勤めるごく普通のOL・春田緑(はるたみどり・木村)は、3年以上つきあった恋人からプロポーズされるも、返事をすることができなかった。誰にも言えない悩みを抱えたまま帰路に着いたその夜、「幸せの種」という名の植物の種を思わず購入する。ある日の夕方、ふと、その種を植えた花壇の土から何かが飛び出しているのに気づく。よく見るとそれは子供の手で…。恐る恐る土を掘るとそこには人間の頭が。それは頭から芽を生やし、白いワンピースを着た少女・希(粟野)だった。

 不思議な少女は、泥を払いながら居間にある家族写真を手に取る。「あなた誰…?」と尋ねる緑に「あなたのお母さん。緑が種を植えてくれたんでしよう?」と希。ふと種の袋を見ると「あなたにとって必要な花が咲きます。花の種類:人間」と書いてある。信じられないと驚く緑をしり目に、母親しか知りえないことを次々話し出す希。「緑が大好きだったロールキャベツ作ってあげる」と台所に立って料理までし始める始末。その日から、娘・緑と頭に芽の生えた母・希の不思議な親子生活が始まったが…。

 2014年の『ニートな彼とキュートな彼女』でホログラム映像のメイドでヒロインを演じて以来、2度目の出演となる木村だが、今回は植物として生まれ変わった母と暮らし始めた娘・緑としてハートフルな不可思議物語に出演。最後には、驚きの展開が待ち受ける。不思議な母との暮らしを通じて徐々に明かさされていく主人公の想いを木村がどのように演じるか、見どころとなる。このほか、女優の山田杏奈、岡本玲も頭から芽が出た不思議な姿で登場する。

 木村は「どんな怖い目に遭うのかと思いきや、とても心温まるお話を任せていただいたのでホッとしています」と安堵。それでも「『世にも奇妙な物語』らしい奇妙な作品になっております。ぜひお楽しみにしてください」と呼びかけた。

 そんな木村の“母親”を演じた粟野は「私がこんなきれいな方のお母さんになるのか!と不思議な感じがして緊張しました。でも、撮影の合間に私の足にタオルを掛けてくださったり、お話ししてくださったり、木村さんがお母さんみたいな感じに優しくしてくださって、とてもうれしかったです」と和やかな撮影現場の雰囲気を紹介している。

関連記事(外部サイト)