幻冬舎、見城徹社長の実売部数ツイート謝罪「深く反省しております」

幻冬舎、見城徹社長の実売部数ツイート謝罪「深く反省しております」

幻冬舎・見城徹社長 (C)ORICON NewS inc.

幻冬舎の見城徹社長が同社から出版した書籍の実売部数を自身のツイッターで公表し、批判を受けた問題で、同社は23日に公式サイトを通じて、見城社長及び社員一同として、著者の津原泰水氏に対しての謝罪文を掲載した。

 サイトでは「実売部数という出版社内で留めておくべき内部情報を、今回、見城が独断で公にしてしまったことに対して弁解の余地はありません。改めて津原泰水氏にお詫び申し上げます」とし「この件は出版社として、作家の信頼性を著しく損なう言動であり、社長はじめ、社員一同、深く反省しております」。

 「皆さまからの様々なご意見・疑問にこれですべてお答えできたとは思っておりませんが、今後、作家のみなさま、並びにその先にいる読者のみなさまに対し誠意を尽くして、信頼を回復していけるよう鋭意努めて参る所存です」と記した。

関連記事(外部サイト)