“安倍首相ものまね”福本ヒデ、政治ネタ制限の時代に嘆く 本人からも「ほどほどに…」

“安倍首相ものまね”福本ヒデ、政治ネタ制限の時代に嘆く 本人からも「ほどほどに…」

ネタを披露する場所が制限されている実情を伝えたザ・ニュースペーパーの福本ヒデ (C)ORICON NewS inc.

安倍晋三首相のものまねで知られる社会風刺コント集団ザ・ニュースペーパーの福本ヒデが23日、都内で行われた自著『永田町絵画館』発売記念“アベ首相”記者会見を開催。「本に載せているのは政治と名画のパロディーですけど、今の時代正直に言って政治ネタはなかなかメディアでできないことが多い。そう考えると意外なところで政治ネタを披露することができてうれしく思います」とネタを披露する場所が制限されている実情を伝えた。

 同書(25日発売)では、「種まく人」「叫び」「風神雷神図屏風」など、数々の名画にアベ首相、レンホウ氏など“日本の中心にいる人たち”が登場している風刺画集。7割ジョーク、3割まじめな解説が見どころとなる。

 そんな風刺画を集めた個展が6月1日から6日まで東京・銀座かわうそ画廊で開催され「選挙前なのでここに描かれている政治家のみなさま全員に招待状を出しました。多分、石破(茂)さんは来てくれるんじゃないかな」とニヤリ。

 また、過去に個展を開催した際、石破氏が訪れたそうで「その時、安倍さん、麻生さん、石破さんバージョンの絵があり、浮世絵の写楽のパロディーとして『浮世離れ』シリーズを作った。その中で、石破さんの絵だけが売れていて、石破さんが『俺、売れたの? なんで私のだけ? 安倍さんのは売れていないんだね』とうれしそうな感じで浮かれていました」と石破氏のものまねをしながらエピソードを明かした。

 この日は安倍首相のメークをして登場した福本。一昨年行われた安倍首相主催の「桜を見る会」に招かれ本人と会った際の思い出話も飛び出し「(周りは)支持者ばかりですから、すごい盛り上がる。みんなから『写真を撮ってくれ!』と、あんな経験は初めてでした」と笑いながら「その時に総理には『これからも忖度せずにコントをやります』とお伝えしたら『ほどほどにしておいてよ〜』と言われました」と明かした。

 また、記者会見の冒頭ではカメラのフラッシュを浴びて「どう見ても謝罪会見にしか見えない」とボケながら「トランプ大統領の来日に重ならなくてよかった。あとは、元KAT-TUNの方の事件がきのうでよかった、きょうであれば誰も来ていないと思う」と大麻取締法違反(所持)の疑いで麻薬取締部に逮捕された田口淳之介容疑者についても触れていた。

関連記事(外部サイト)